F1 2017 パワーユニット
2017年 第3戦 F1バーレーンGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

2017年は、各ドライバーあたりの年間パワーユニット使用数が昨年から1基少ない4基へと変更になった。パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのどれかひとつが5基目に達した時点で10グリッド降格ペナルティが課せられ、2つ目以降のコンポーネントは5グリッド降格となる。

F1バーレーンGPでは、マクラーレン・ホンダにパワーユニットのトラブルが多発。ストフェル・バンドーンは、第3戦にして、すでに3基目のMGU-Hとターボチャージャーを投入した。

フリー走行1回目でストフェル・バンドーンのMGU-Hに問題が発生したマクラーレン・ホンダは、MGU-HとICE交換。しかしながら、フリー走行2回目でも同じ問題に見舞われたため、マクラーレンは土曜日にむけて3基目のMGU-Hとターボチャージャーを投入した。

また、予選後にはフェルナンド・アロンソのマシンにMGU-Hトラブルが発生し、ICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを2基目にしている。

決勝日にはストフェル・バンドーンに新たなエンジントラブルが発生してレースをスタートすることができず、フェルナンド・アロンソは終盤にリタイアを喫した。

チームドライバーICETCMGU-HMGU-KESCE
メルセデスルイス・ハミルトン111111
バルテリ・ボッタス111111
レッドブルダニエル・リカルド111112
マックス・フェルスタッペン111112
フェラーリセバスチャン・ベッテル122122
キミ・ライコネン222122
フォース・インディアセルジオ・ペレス111111
エステバン・オコン111111
ウィリアムズフェリペ・マッサ111111
ランス・ストロール111111
マクラーレン・ホンダフェルナンド・アロンソ222211
ストフェル・バンドーン233212
トロ・ロッソダニール・クビアト222111
カルロス・サインツ222322
ハースロマン・グロージャン122211
ケビン・マグヌッセン111211
ルノーニコ・ヒュルケンベルグ222212
ジョリオン・パーマー111111
ザウバーマーカス・エリクソン111111
パスカル・ウェーレイン111112
ICE … 内燃機関(エンジン)
TC … ターボチャージャー
MGU-H … 運動エネルギー回生システム
MGU-K … 熱エネルギー回生システム
ES … エネルギー貯蔵装置(バッテリー)
CE … コントロールエレクトロニクス


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン