ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、セットアップを基本に戻して、2012年のピレリタイヤにドライビングスタイルを適応させることが、ペースを取り戻すための鍵だったと述べた。

開幕戦で優勝を果たしたジェンソン・バトンだが、その後2位表彰台を獲得した中国とドイツの間の6レースで7ポイントしか獲得できず、予選ではトップ10に入るのさえ苦労していた。

ジェンソン・バトンは、バレンシアが個人的な分岐点だったが、ドイツGPで導入したアップグレードが効き始めてやっと問題を克服したことを示せたと述べた。

「バレンシアとイギリスGPからはマシンに自信を持てたし、チームとしてペースはなかったけど、良い仕事をしていたと感じることができた」とジェンソン・バトンはコメント。

「それ以前はマシンに新しいことを試していたことの方が多かったし、うまく機能しなかった。バランスにも満足していなかった」

「最悪だったレースはモナコとカナダだ。難しいレースだったけど、長くレースをしているとペースがない理由はわかるものだし、僕たちはそのような問題の多くを解決したと思う」

「多くが以前わかっていた状態に戻ったし、バレンシアに関してはマシンにずっと満足していた。望んでいた結果は得られなかったし、思い通りにはいかなかったけどね」

ジェンソン・バトンは、モナコGPでのピレリタイヤによる問題が、チームを間違った方向に導いたと述べた。

「(タイヤを)理解するのはとても難しいし、今年カナダやモナコでいくつか新しいことを試したのはそれが理由だ。タイヤの方向性をもっと見つける必要があると感じていたからね。でも、試したものはうまく機能しなかった」

「なので、バレンシアではシーズン序盤の状態に戻した。そこが、フェラーリやメルセデス、レッドブルとの比較ではなく、チーム内でルイス(ハミルトン)と比較して競争的になり始めたときだ」

ジェンソン・バトンは、ピレリタイヤを適切な作業ウインドウに保つことが主な問題だったと述べ、彼のスムーズなドライビングスタイルが実を結ばなかったと説明した。

「今年の問題の大部分はタイヤを働かせるレンジだった。それが難しいんだ」とジェンソン・バトンはコメント。

「タイヤを労わるために優しく運転しようとするものだけど、そうするとレンジから外れてしまう。結局、レンジをキープしたり、アグレッシブなドライバーよりもタイヤのダメージは酷くなる」

「僕にとっては特に難しかった。最初は僕のドライビングスタイルはタイヤに合っていなかったからね。少しドライビングスタイルを適応させなければならなかった」

「タイヤに熱を入れられて、タイヤを働かせることができるマシンはどのようなコンディションでもいい。問題は熱を入れられないことだ。それができていないことは理解している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | マクラーレン