アルピーヌF1のエステバン・オコン 「マゼピンを抜くときは200%の注意を払っている」
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、コース上でニキータ・マゼピン(ハース)に遭遇するときに“恐れている”と認める。

22歳のニキータ・マゼピンは、コース内外で激動のF1キャリアのスタートを切っており、特にスピンが多いことから“Mazespin(マゼスピン)”と揶揄されている。それでもマゼピンはルーキーシーズンで多くのことを学んでいるところだと主張している。

だが、元F1エンジニアのトニ・クケレラは「ルーキードライバーとして、最初の6か月間は実際にはあまり多くは学べない。取り入れることがあまりにも多すぎる」と DAZN に語った。

その一方で、エステバン・オコンは、ニキータ・マゼピンについて多くのことを学んでいると語る。

「彼を恐れているか? そうだね。僕たちがコース上で出くわしたときは、他のどのドライバーよりも彼に対しては200%注意深く行動している」とエステバン・オコンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / アルピーヌ / ニキータ・マゼピン