F1
エステバン・オコンは、2020年のメルセデス移籍にとても近づいていたと語る。

2018年末でフォースインディア(現レーシンングポイント)のシートを失ったエステバン・オコンは、メルセデスのリザーブドライバーを務めるも、サーキットでの仕事をほぼ得られないままシーズンを終えた。

シーズン中は、バルテリ・ボッタスに代わってメルセデスに移籍することが絶えず噂されていたが、最終的にメルセデスはルイス・ハミルトンのチームメイトとしてボッタスを継続することを決断。

それでも、エステバン・オコンは2020年のF1世界選手権でルノーF1チームから復帰することが決定。ダニエル・リカルドとチームメイトになる。

「僕の人生はずっとモータースポーツを中心に回っていたし、それ以外のことはなかった」とエステバン・オコンは語る。

「モータースポーツのためにすべてを犠牲にしてきたし、レースをせずに1年を過ごすことは確かに大きな穴があいたようだった。すぐに復帰することしか考えていなかった」

2020年にF1グリッドに戻れると確信していたかと質問されたエステバン・オコンは「ノー。F1では確実なものなどないからね」とコメント。

「僕はグリッドにいなかったし、パフォーマンスも見せていなかったので、人々はちょっと僕のことを忘れていたと思うし、シーズン序盤のドライバーマーケットが静かなときはとても長く感じた」

「でも、メルセデスがソリューションを見つけるために素晴らしい仕事をしてくれたし、僕たちはすべてのトピックに本当に一生懸命に取り組んできた。おかげで、ルノーで素晴らしいオプションを見つけることができた」

2020年のルイス・ハミルトンのチームメイトになることは真剣な選択肢だったかとの質問には「そうだった」とコメント。

「かなり近いところまで来ていたし、最後の瞬間まで議論されていた。でも、それはもう終わったことだし、自分の前になる先のことに目を向けていかなければならない」

メルセデスからどのような説明があったかと質問されたエステバン・オコンは「詳細を語るつもりはない」とコメント。

「トト(ヴォルフ/メルセデスF1チーム代表)に聞いてみるべきかもね。彼が決断を下したと思うし、彼の方がもっとうまく説明できると思う。彼は僕にも説明してくれたけど、主な理由は僕がまだ若く、時間があるからということだった」

将来、メルセデスのドアはまだ開いていると感じているかと質問されたエステバン・オコンは「実際、まだメルセデスによって管理されている」とコメント。

「実際のチームとは異なるけどね。でも、F1での将来は長いし、再びお互いに会えることになると確信している。いずれにしろ、バドックではお互いそれほど離れていないしね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー / メルセデス