F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、2019年にたとえレースをしないとしても、F1パドックに残るつもりだと語った。

エステバン・オコンは、フォースインディアのシートを喪失することが濃厚と見られ、メルセデスの努力にも関わらず、ルノーとマクラーレンのような他チームは彼の起用を見送った。

「いいや、僕は彼らを責めたりはしないよ」とエステバン・オコンは RMC Sport にコメント。

「何が起こったのかは正確にはわからないけど、今は僕がやらなければならないのは、彼らが間違っていたことを証明してみせるだけだ」

エステバン・オコンは、まだウィリアムズとの交渉は進行中だと語る。

「現在、議論は行われているけど、今のところそれ以上のことはない。契約できる確率は何%かはわからない。でも、ウィリアムズが来年の最後のチャンスだ」とエステバン・オコンはコメント。

「でも、来年、僕がグリッドにいなかったとしても、世界の終わりではない。特に身体面の準備をしていくつもりだ。そして、2020年にははるかに強くなって戻ってくるだろう」

エステバン・オコンは、今後もメルセデスから完全なサポートを受けていくとし、“プランB”は他のシリーズへの転向ではなく、リザーブドライバーの役割だと主張した。

「F1外で経験を積む必要はないと思っている」とエステバン・オコンはコメント。

「F1に完全に集中し続けていくし、それ以外に重要視していることはない。パドックに留まって、準備して、できるだけ多くのことを学んで、強くなって戻ってくるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | フォース・インディア