バーニー・エクレストン、2020年末でのベッテルのF1引退を予想
バーニー・エクレストンは、友人であるセバスチャン・ベッテルがフェラーリとの契約が切れる2020年末にF1を引退する可能性もあると考えている。

4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリ内でナンバー1のステータスを報じしてきたが、今季チームに新加入したシャルル・ルクレールとのチーム内バトルに敗北。

F1ブラジルGPでの同士討ちを始め、多くのチームメイト同士のインシデントはベッテルに非があるとの見方が強い。

長年セバスチャン・ベッテルをサポートしてきたバーニー・エクレストンでさえ、ベッテルは優位性を失った可能性があると考えており、主な問題はハングリー精神にあると語る。

「最近、彼には勝つために何かをしようという意欲が見えない」とバーニー・エクレストンは Auto Bild にコメント。

実際、バーニー・エクレストンは、2020年末でセバスチャン・ベッテルがF1を引退する可能性もあると考えている。

セバスチャン・ベッテルは2021年もF1グリッドに並んでいるかと質問されたバーニー・エクレストンは「それにお金をかけるつもりはない」とコメント。

「だが、彼は正しい決断をしなければならない」

また、22歳のシャルル・ルクレールについてバーニー・エクレストンは「多くの点でミハエル・シューマッハを思い出させる」と認めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル