ロン・デニス
バーニー・エクレストンは、マクラーレンとロン・デニスが和解することを望んでいる。

ロン・デニスは、同じマクラーレンの株主であるマンスール・オジェとマムタラカトと争った後、マクラーレンの取締役会によって会長兼CEOを解任された。

ロン・デニスは、自身の解任を阻止するためにロンドンの高等裁判所を訪れたが、その要求は却下されている。

F1の最高権威者バーニー・エクレストンは、ロン・デニスの解任に繋がった根深い理由に関わらず、まだ両者が和解することを望んでいる。

「困ったことに、それらは全て個人的なことだ」とバーニー・エクレストンはコメント。

「一旦人々が争うと、それは難しくなる。だが、彼らが歩み寄り、全員のためになんとか解決してくれることを願っている。ロンは大株主であり、まだ意見を述べることができる」

先週、ロン・デニスの要求を却下した裁判官のジェフリー・ウォースもバーニー・エクレストンの意見に同調している。

「長きにわたり、非常に密接に関与してきた当事者が、彼らの関係を終える目前でこのようなスケールの訴訟に来るのは異常なことだ。彼らが考えているほど両者の間に多くのことはない。このような遅い段階ではあるが、私は彼らの違いが法廷外で和解することができないかどうか彼らに訴えたい」

関連:マクラーレン、ロン・デニスの更迭を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / マクラーレン