F1 2018年のF1世界選手権 フォーミュラ1
2018年のF1世界選手権に参戦する各チームのドライバー・ラインナップが出揃った。

ウィリアムズは16日(火)、引退したフェリペ・マッサの後任としてロシア出身のセルゲイ・シロトキンを起用するとともにランス・ストロールの続投を正式発表。2018年のF1世界選手権に参戦する20名のドライバーがようやく確定した。

2017年はルイス・ハミルトンがドライバー選手権、メルセデスがコンストラクターズ選手権を制した。2018年は大きなレギュレーション変更はないため、今年のようにメルセデス、フェラーリ、レッドブルが接戦を繰り広げることが予想される。

チャンピオンチームのメルセデスは、ルイス・ハミルトンバルテリ・ボッタスを継続。現状、ハミルトンは2018年末、バルテリ・ボッタスも1年契約のみとなっており、2019年のドライバー変更の可能性を残して新シーズンを迎える。

フェラーリは、セバスチャン・ベッテルと2019年まで契約を延長。1年契約を更新したキミ・ライコネンとのコンビが4年目のシーズンを迎える。

レッドブルは、マックス・フェルスタッペンが2020年まで契約を延長。ダニエル・リカルドは2018年末までの契約となっている。レッドブルは2018年限りでルノーのパワーユニットを失い、2019年からホンダのエンジンを積むと報じられている。シーズン序盤のレッドブルの成績、そして、ホンダのエンジンのパフォーマンスが2019年以降を決定づけることが予想される。

フォース・インディアセルジオ・ペレスエステバン・オコンハースロマン・グロージャンケビン・マグヌッセンのコンピが2年目を迎える。

ホンダとのパートナーシップを解消し、2018年からルノーのエンジンを搭載するマクラーレンは、フェルナンド・アロンソストフェル・バンドーンの残留が決定。同ラインアップでの2シーズン目となる。

ルノーは、トロ・ロッソからカルロス・サインツを1年間のローン移籍で獲得。F1アメリカGPからすでに移籍は行われており、ニコ・ヒュルケンベルグとの体制で初のフルシーズンを迎える。

2018年からホンダのエンジンを搭載するトロ・ロッソは、今シーズンを開始したカルロス・サインツはルノー移籍、ダニール・クビアトは解雇とシーズン中にドライバーが変更になった。2018年はその後ドライバーを務めたピエール・ガスリーブレンドン・ハートレーが続投する。

新たにアルファロメオをタイトルスポンサーに迎えるザウバーは、フェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールの起用とマーカス・エリクソンの残留を発表している。

2018年はセルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)とシャルル・ルクレール(ザウバー)がF1デビュー。トロ・ロッソのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーにとってはF1フル参戦となる。

昨年レースドライバーを務めたなかでは、ダニール・クビアトがフェラーリの開発ドライバーに就任。引退したフェリペ・マッサ、シーズン途中までルノーで走ったジョリオン・パーマー、ザウバーのドライバーを務めていたパスカル・ウェーレインがグリッドから姿を消す。

また、2011年のラリーでの怪我によりF1から遠ざかっていたロバート・クビサがウィリアムズのリザーブドライバーに就任。テストや金曜フリー走行で走ることが発表されている。

2018年 F1ドライバー


メルセデス
44 ルイス・ハミルトン
77 バルテリ・ボッタス

フェラーリ
5 セバスチャン・ベッテル
7 キミ・ライコネン

レッドブル
3 ダニエル・リカルド
33 マックス・フェルスタッペン

マクラーレン
14 フェルナンド・アロンソ
2 ストフェル・バンドーン

ルノー
27 ニコ・ヒュルケンベルグ
55 カルロス・サインツ

フォース・インディア
11 セルジオ・ペレス
31 エステバン・オコン

ウィリアムズ
18 ランス・ストロール
  セルゲイ・シロトキン

トロ・ロッソ
10 ピエール・ガスリー
27 ブレンドン・ハートレー

ハース
8 ロマン・グロージャン
20 ケビン・マグヌッセン

ザウバー
9  マーカス・エリクソン
16 シャルル・ルクレール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー