ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサのフェラーリでのキャリアは白煙とともにスタートした。

フェラーリの開発ドライバーに就任したペドロ・デ・ラ・ロサは、ヘレステスト最終日にフェリペ・マッサからF138のステアリングを引継いだ。

しかし、イントスレーションラップの2周目にF138から白煙が上がり、ターン7とターン8の間でストップ。ペドロ・デ・ラ・ロサは白煙の雲のなかでF138を降りた。

F138のリアは燃えてダメージを負った。Auto Motor und Sport は、トランスミッションのトラブルだったと報道。

フェラーリは、午後にトラブルのあった部分を修理し、ペドロ・デ・ラ・ロサはトラックでプログラムを続行している。

ペドロ・デ・ラ・ロサ フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / フェラーリ