ダニール・クビアト 「F1だけでなく多くの提案を検討していきたい」
ダニール・クビアトは、2022年にF1に戻りたいと思っているが、他のシリーズへの転向を除外しているわけではないと語る。

ダニール・クビアトは、F1で100戦以上のレースキャリアを過ごしてきたが、昨シーズンの終わりにアルファタウリのF1シートとレッドブルからの支援も失った。

現在、ダニール・クビアトは、アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めており、先週末のF1ポルトガルGPに帯同した。

「僕にとってはすべてが順調だ」とダニール・クビアトは Match TV に語った。

「チーム内でリザーブドライバー、シミュレーター作業という新しい役割を担っている。リザーブドライバーとしてレースに帯同する」

「チームと協力するのは興味深いことだ。ここは新しいチームだし、興味深い人たちがいる。僕は2015年と2016年にルノーで彼らの多くと仕事をしていた」

「僕はファクトリーにもいるし、トラックにもいる。メインドライバーに何かが起こった場合、いつでもマシンに座る準備ができている」

将来がどうなるかについて、ダニール・クビアトは「多くの提案があるし、冷静に検討する必要がある」と語る。

「来年はF1にいたいし、マネージャーとそれに取り組んでいる。まずは今年を待ち、オプションを検討し、多くの要因を考慮する必要がある。どのチーム、どのシリーズ、どれくらい人気があるかなどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / アルピーヌ