ダニール・クビアト 「この2年間で完成度の高いF1ドライバーになった」 / アルファタウリ・ホンダF1
ダニール・クビアトは、F1での“経験”が2022年のF1レギュレーションの新時代に自分をF1グリッドに戻すための道を切り開くことを望んでいると語る。

過去2年間、アルファタウリ・ホンダのF1ドライバーを務めてきたダニール・クビアトだが、2021年に角田裕毅にシートを明け渡すことになった。過去にレッドブルとの契約を解除されているダニール・クブアトは、再び1年間F1を離れることになった。

レッドブル・レーシングで2015年と2016年の序盤4戦を走った経験のあるダニール・クビアトは、自分はトップチームでチャンスを与えられる価値のあるドライバーに成長したと感じていると語る。

「理想的には2022年は戻ってくる論理的な年になるだろう。新しいレギュレーションがあり、チームは経験を必要とするからね」とダニール・クビアトは語った。

「特に新しいレギュレーションが導入された場合、経験は実際に非常に重要であると確信している。僕にはスポーツに与えることがたくさんあると感じているので、もちろん、戻ってくるために最善を尽くすつもりだ」

ダニール・クビアトは今年のF1イタリアGPでのピエール・ガスリーの衝撃的な勝利によって“影を隠れてしまった”ことを認めるが、シーズン後半に改善した自分自身のパフォーマンスを損なうことはないと感じていると語る。

「僕は今、はるかに完成されたドライバーだ」とダニール・クビアトは語った。

「自分と将来のプレッシャーが非常に高い場合でも、100%以上のパフォーマンスを発揮することができる。過去にはそこが少し問題だった」

「F1での私のキャリアは非常に速かったと思う。すべてが時々とても速く起こったようにね」

「F1での最初のスティントの後は何が起こったのかさえあまり理解していなかった。GP3の後に来たので、F1の前のステップを逃していた。トロロッソに行き、当時のトロロッソで力強い1年を過ごし、1年後にすぐにレッドブル・レーシングに昇格した」

「レッドブル・レーシングとも強いシーズンを過ごした。僕たち全員が以前にそこで何が起こったのかを知っている。その後、2~3年苦労したけどね」

「すべてが非常に早く起こったので、実際にはF1での経験が少し不足していたと思う。2019年に戻ったとき、僕はまったく異なるアプローチを取った」

「これまでやってきたことをすべて忘れたわけではないけど、ある意味、少しルーキーのようにとても新鮮なページから始めた。でも、なんとか新しいことを学ぶことができたし、今年も多くの進歩を感じることができた」

「僕はF1でのこの2年間ではるかに完成度の高いドライバーになったし、今はようやく常にハイレベルでドライブする準備ができていると感じている」

「今、トップチームで走るチャンスが訪れるとしたら、異なるストーリーになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ