デビッド・クルサードの2009年06月のF1情報を一覧表示します。

デビッド・クルサード 「引退を1年早まったかもしれない」

2009年6月30日
デビッド・クルサード
デビッド・クルサードは、F1からの引退が少なくとも1年は早すぎたと考えている。

デビッド・クルサードは、厳しいテストやレース週末をもう1年経験するエネルギーがないと懸念して、2008年シーズン末にF1を引退した。

しかし、2009年はシーズン中のテストが禁止されており、クルサードは、後任のセバスチャン・ベッテルのかわりにタイトル争いができたはずだと語る。

デビッド・クルサード、シルバーストンの思い出を語る

2009年6月18日
デビッド・クルサード レッドブル F1
レッドブルでF1親善大使を務めるデビッド・クルサードが、最後のシルバーストンGPを記念してシルバーストン・サーキットの思い出を語った。

デビッド・クルサード
まだレースを始める前の1990年にストウコーナーに立って、朝靄に包まれたマゴッツからハンガーストレートへ向かうフェラーリのV12エンジンを聞いていたのを思い出す。クルマが見える前からエンジン音が響き渡っていた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム