フェラーリF1のシャルル・ルクレール、ビノット更迭騒動で「レースに集中できなかった」
フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、チーム代表のマッティア・ビノットの将来についての噂が渦巻く中で、2022年の最終戦F1アブダビGPのレースに集中することが難しいと感じていたことを認めた。

イタリアのメディアは、ミス、事故、技術的な失敗に満ちたスクーデリア・フェラーリの期待外れのシーズンの後、マッティア・ビノットが責任を負い、辞任すると報じていた。

当時、フェラーリはその憶測を否定していたが、11月25日(金)に、マッティア・ビノットがフェラーリのジョン・エルカン会長に辞表を提出したことが明らかになった。

そして11月29日(火)、フェラーリは、辞表が受理され、マッティア・ビノットが12月末でマラネロを去ることを確認する声明を発表した。現在、チームは後継者を探しており、2023年に発表される予定としている。

「(アブダビの)週末に臨むのは非常に困難だった」とシャルル・ルクレールは認めた。

「外からの多くのプレッシャーがあり、チームの周りには多くの噂が流れていた。そういったこと推論のなかで仕事に集中することは常に非常に困難だ」

「でも、僕たちは完璧にそれを成し遂げたので、チームをとても誇りに思ってる」

最終戦でランキング2位を確保した慰めにもかかわらず、シャルル・ルクレールはシーズン半ばにチームのフォームが崩壊したことについての彼の気持ちについても語った。

「一歩下がって、昨年からどれだけ離されていたことを考えれば、驚くべき前進だ」とシャルル・ルクレールは語った。

「でも、もちろん非常に苛立たしいシーズンの中盤を無視することはできない」

「僕たちはかなりのポイントでチャンピオンシップをリードしていたけど、かなりのポイントで遅れをとることになった。それはシーズンのイライラする部分だった」

マックス・フェルスタッペンの2022年のタイトル獲得は10月に日本で決定されていたが、シャルル・ルクレールは最終戦でドライバーズランキング2位を維持するためにまだ戦いを続けていた。

シャルル・ルクレールはライバルであるレッドブルのセルジオ・ペレスと同じポイントでアブダビに入ったが、なんとかペレスを破り、2位でフィニッシュした。

「準優勝」はしばしば「最初の敗者」として軽蔑されるが、シャルル・ルクレールにとってはそれ以上の意味があった。

「チームとして大きな意味があると思う」とシャルル・ルクレールは主張した。

「2020年と2021年にどれだけ苦労したかを考えると、最終的にコンストラクターズチャンピオンシップで2位になったことは大きな意味がある」

シャルル・ルクレールは2022年にドアを閉めることを決意し、フェラーリが2023年に達成できることを楽しみにしている。

「僕たちはここで立ち止まりたくない」とシャルル・ルクレールは語った。

「2位は良い結果だけど、できるだけ早く1位になれるようにみんなで戦っている」

「これは良い一歩だった。でも、当然だけど、僕たちが知っている理由から、イライラする年だった」

「次のステップに進み、レッドブルを打ち負かすために、冬休みの間、僕たち全員が一生懸命に取り組んでいく」

「今年犯したすべてのミスを受け入れ、来年に向けて改善を試みる必要がある」

「ここ数戦での戦略と意思決定の方法に関して、我々は実際にいくつかの前進を遂げた」

だが、マッティア・ビノットの辞任によって、誰がフェラーリのチーム代表を引き継ぐかという次のステップはまだ明らかになっていない。

週末の報道によると、シャルル・ルクレールはチームのリーダーシップに対するマッティア・ビノットの「非難しない」アプローチに満足しておらず、状況が変わらなければ別のチーム、おそらくメルセデスへの移籍を検討するとされていた。

シャルル・ルクレールのフェラーリとの現在の契約は2024年まで延長されているが、彼がそれを超えて留まるかどうかは非常に微妙だ。

イタリアのFormulapassion.itは、現在のアルファロメオのチームプリンシパルであるフレデリック・バスールがマラネッロで引き継いだ場合、シャルル・ルクレールはチームリーダーにとどまる傾向があることを示唆している。

フレデリック・バスールとシャルル・ルクレールは、2018年に当時のザウバーチームでF1デビューして以来、強い関係を築いてきた。バスールが引き継いだ場合、現在のチームメイトであるカルロス・サインツを犠牲にして、ルクレールがチームでナンバーワンのドライバーになる可能性が高くなるという。

「F1に来てかなりの年月が経ったけど、詳細を把握して、できる限り頻繁に100%でいることが重要だ」とシャルル・ルクレールは語った。

「来年はここに集中して、100%を目指す。そして、自分が 100% の状態にあるときはいつでも本当に優れていると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ