シャルル・ルクレール、メルセデスF1でハミルトンの後継を望む?
シャルル・ルクレールは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンの立場を受け継ぐことを望んでいると報じられている。

2022年シーズンの素晴らしいスタートを切った後、フェラーリがポイントを落としたとき、シャルル・ルクレールのチーム内でのポジションを明確にした方が良いのではないかとの疑問が生じた。

ライバルであるマックス・フェルスタッペンはレッドブル内でのポジションを明確にされている一方で、フェラーリの幹部は、シャルル・ルクレールをファーストドライバーに据えてシーズンを展開することを望まなかった。

Formulapassion.itは、フレデリック・バスールがフェラーリの新しいチーム代表に任命された場合、シャルル・ルクレールをファーストドライバーにすることを率直に述べることができると伝えている。

同サイトによると、シャルル・ルクレールは、ルイス・ハミルトンが引退した場合にメルセデスF1での将来に興味を持っているため、フェラーリがルクレールをチームに結び付け続けることは非常に緊急だとしている。

シャルル・ルクレールのフェラーリとの現在の契約は2024年以降に切れる。イタリアの新聞は、フレデリック・バスールがシャルル・ルクレールをフェラーリに引き留めることができる適切な人物である可能性があると強調している。

たとえば、フレデリック・バスールは、シャルル・ルクレールが熱望しているヒエラルキーを扱う方法を知っている。ルクレールは、ザウバーでドライブした2018年以来、バスールのことを知っている。さらに、このペアは、ルクレールのマネージャーで元フェラーリのボス、ジャン・トッドの息子であるニコラ・トッドと良好な関係を維持している。

シャルル・ルクレールの役割は、フレデリック・バスールの任命、ひいてはマッティア・ビノットの更迭に影響を与えたと見られている。

シャルル・ルクレールは、フェラーリを背負って立つドライバーとして期待されていたが、決してチームオーナーなどで優先順位をつけられているわけではない。

フェラーリにはドライバーのヒエラルキーが欠如しているのではないかと質問されたシャルル・ルクレールは「それは僕個人がコントロールできないことだ」と答えた。

「だから、僕は、自分の運転など、自分がコントロールできることに集中したいと思っている。それらのことは、僕が必要だと感じれば、内部で処理される」

これらのコメントは、現在の長期契約が終了すれば、シャルル・ルクレールがフェラーリを出ることに関してオープンマインドであるかのように聞こえるかもしれないと結論づける人もいる。

「2024年はまだ先だ」とシャルル・ルクレールは現在の契約期間をほのめかしながら語った。

「フェラーリとの時間はまだ残っている」

「このチームはずっと僕の夢だった。当面の僕の目標はフェラーリで勝つことだ。そのあとはどうなるか見てみよう。ここで満足しているし、彼らと一緒に勝ちたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / メルセデス