シャルル・ルクレール 「最終ラップまで110%で走った完璧なレース」 / フェラーリ F1アブダビGP
シャルル・ルクレールは、レッドブル・レーシングのライバルであるセルジオ・ペレスを下して、ドライバーズ・ランキングで2位を獲得。彼とフェラーリによるF1アブダビGPでの戦いに満足を表明した。

シャルル・ルクレールとセルジオ・ペレスは同ポイントでシーズンフィナーレに入った。決勝の早い段階で優位に立ったのはペレスでした。レースをリードするチームメイトのマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールの間でレースを進めた。

しかし、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールはレースが展開するにつれて1ストップ戦略にコミットしたが、セルジオ・ペレスは2ストップ戦略を選択した。つまり、ペレスはフィールドで順位を上げながら戦わなければならなかった。

シャルル・ルクレールは、セルジオ・ペレスから逃げるために全開レースを行った後、グランプリとチャンピオンシップで2位を獲得。レッドブル・レーシングのドライバーズランキングでのワンツーを阻止した。

レースを振り返ったシャルル・ルクレールは「最初のラップから最後のラップまで 110% だった。 正直なところ、僕たちにとって完璧なレースだった。今日はこれ以上のことはできなかった」とコメント。

「チェコを倒す唯一の可能性は、別の戦略とタイヤマネジメントでプレーすることだとわかっていた。今日はそれがうまくできたし、1ストップでうまくいったので、本当に満足している」

シャルル・ルクレールとフェラーリは、最初の3 レースのうち 2 レースで優勝し、2 位フィニッシュを挟んでタイトル候補としてシーズンを開始したが、その後、一連のチームとドライバーのミス、そして、不運によって、彼らの挑戦は窄んでいった。

2023年に目を向けて、シャルル・ルクレールは「来年はチャンピオンシップを争うために一歩前進できることを本当に望んでいる。 でも、昨年の状況を考えると、これは本当に大きな前進だ」とコメント。

「戦略の面では、シーズンの終わりに向かって改善したと思う。 レースペースに関しては、日曜日になると少し苦戦するように見えるので、まだ取り組む必要があるけど、もう少し追いつくために冬休み中にプッシュしていく」

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ