フェラーリF1のエンジニアが語るシャルル・ルクレールの精神力の強さ
フェラーリF1のシニアパフォーマンスエンジニアを務めるジョック・クリアは、シャルル・ルクレールの最も印象的な資質は“精神的に非常に強い”ということだと語る。

ジョック・クリアは、ミハエル・シューマッハやジャック・ヴィルヌーヴなど、彼のキャリアの中で数多くのF1ワールドチャンピオンと仕事をしてきた。

また、ジョック・クリアは、ザウバーF1でのわずか1シーズン後、シャルル・ルクレールが2019年にフェラーリF1に昇格するのを容易にする上で重要な役割を果たした。

F1のポッドキャスト Beyond the Grid podcast で、シャルル・ルクレールについて感銘を受けたことについて質問されたジョック・クリアはすぐに「精神的な強さ」を挙げた。

「私が一緒に仕事をしたドライバーで、本当に輝いている要素に指を置いてくださいと言われた場合、シャルルはそれが精神的な強さであるのは確かだ。彼は精神的に非常に強い」

21歳でフェラーリF1のドライバーとなったシャルル・ルクレールのその精神的な強さを説明するよう求められたジョック・クリアは「初日から彼がどのように自分自身を進めてきたか」にあると述べた。

ジョック・クリアは、フェラーリF1に参加することの難しさを“恐ろしいもの”と説明。シャルル・ルクレールは精神的に非常に頑強であるおかげでそれをうまく処理したとし、また、プレッシャーの下で提供するルクレールの能力の証拠として、予選での卓越性を指摘した。

「彼が誰であるか、そして、その年齢でフェラーリの公式ドライバーとしてフェラーリにやってきた過去2~3年間に彼が何をしたかということは忘れられがちだ。それは恐ろしいことではないか?」

「4回のワールドチャンピオンとしてここに来たセバスチャン・ベッテルにとってもそれは恐ろしいことだった。彼が最速のドライバーではなかったときもあれば、苦労したときもある。チームメイトの2倍の速さでタイヤを使ってしまったレースもあったし、速いだけではだめだ」

「彼は非常に素早いし、彼がいかに優れた予選をするかを見てきた。予選は精神力の良い例だと思う。実際に予選はパフォーマンスを発揮しなければならない機会だからだ」

「それはユーロの終盤にペナルティを科されるのと少し似ている。それはプレッシャーだ。今、結果を出さなければならな。「それは素晴らしかったが、次は大丈夫だろう』というものはない」

「予選は予選であり、彼が予選で速いという事実は彼の精神力のもう一つの現れだ」

「しかし、あらゆる種類の舞台裏での会話や彼が受けているストレスを菅賀れば、日曜日の午後に彼にほとんど影響受けないことに本当に感銘を受けた」

また、ジョック・クリアは、フェラーリが2022年に十分に競争力を持っていれば、シャルル・ルクレールはワールドチャンピオンの戦いでうまくやれると確信していると語る。

シャルル・ルクレールがフェラーリとの2年半のシーズン中にミスを犯したことを認める一方で、ジョック・クリアは、チャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンと対戦することになった場合に、そういったミスから立ち直る能力が恩恵となると指摘する。

シャルル・ルクレールはチャンピオンシップを戦う準備ができているかと質問されたジョック・クリアは「私の最初の反応は 『彼は絶対に準備ができている』だ」と語る。

「それと事実のバランスをとる必要がある。実際にその立場にいることに代わるものはない。それは異なるレベルのプレッシャーだ」

「私が言えるのは、彼がこれまでのところ、他のあらゆるレベルのプレッシャーに対処し、対処しているということだけだ。彼はミスを犯してきた。だが、すべてのドライバーがミスを犯す」

「マックスが以前のキャリアで多くの間違いを犯したことはよく知っているが、誰もマックスがチャンピオンシップに勝つ準備ができていないと言わない。これまでのところ、彼はすべての課題に対応し、それに立ち向かい、それらのミスから前進するのに十分な強さを持っている」

「チャンピオンシップに挑戦する立場に置かれた場合、それはマックスに反対し、ルイスに反対し、厳しいものになるだろう」

「滑ってしまったり、ミスを犯し、いくつかのポイントを落とすこともあるだろう。だが、彼はそれに対処できるか? 彼は絶対にそれに対処できる」

「彼は予選でそれを落としても、13番か何かから始めなければならなくても、崩れることはない。彼はそれを飲み込んで対処し、次のレースでは戻ってきてポールに並ぶことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ