フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「フェルスタッペンとのバトルで攻撃性が目覚めた」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2019年のF1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンとのデュエル(決闘)がきっかけでドライビングスタイルを変更し、よりアグレッシブになったことを認める。

シャルル・ルクレールは、F1オーストリアGPのほぼレース全体をリードしていたが、残り2周でマックス・フェルスタッペンが接触しながらもルクレールを抜いて勝利を手にした。

レース後、スチュワードは残り2周でのインシデントを時間をかけて検討したが、レース終了から数時間後にマックス・フェルスタッペンに対してペナルティを科すことはないことを発表。シャルル・ルクレールはそれが決定的な瞬間となったと語る。

そのインシデント以来、よりアグレッシブになったかと質問されたシャルル・ルクレールは「そうだね。その週末以降でスチュワードのアプローチが変わったということも理由だ。僕たちはその瞬間から限界を少し超えることを許された」とコメント。


「それは僕たちのスポーツにとって良かったと思う。結果に腹を立てはしたけど、そのレースが終わってすぐにそうを言ったと思う」

「もし、彼らがもっと少ない制約でレースをすることを許してくれれば、もっとスペクタクルなレースができるだろうといつも思っていましたけど、判断方法の継続性が必要だったし、それが起こった」

「その瞬間から、ペナルティを恐れずに、より激しく戦うことができると確信したし、新しい状況にうまく適応した」

しかし、2020年にフェラーリF1は苦戦を強いられ、シャルル・ルクレールは上位でアグレッシブに走る絶好のチャンスを与えられなかった。

それでも、シャルル・ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルをなんとか上回り、アストンマーティンに移籍したベッテルよりも65ポイント多くポイントを獲得した。

セバスチャン・ベッテルよりもマシンで多くのことを達成できた理由について、シャルル・ルクレールは「結局のところ、それは実際にフィーリングとドライビングスタイルの問題だと思う」とコメント。

「僕はリアが動くマシンが好みだ。マシンを曲げるためにそれを使うことができるからね。他のドライバーはこの点で苦労している。SF1000のリアはあまり安定していなかったけど、僕にとってそこは問題ではなかった。でも、セブについて答えることはできない。ただ、その特性は僕のドライビングスタイルに合っている」

シャルル・ルクレールは、フェラーリでのセバスチャン・ベッテルとの2年間のパートナーシップから多くのことを学んだが、元チームメイトにコース上で追い抜かれたとしても感情は関係ないと述べた。

「そのような状況が発生した場合、『ああ、彼はチームメイトだった。僕は彼を倒したけど、今、彼は僕の前にいる』といったような感情になるとは思わない」と語った。

「バイザーを下げると、そのようなことを考える余地はない。自分自身、マシン、目の前にある仕事に集中する。セブが僕を追い抜いたら・・・すぐに自分のポジションを取り戻そうとするけど、その時点で他のことを考えていることはないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ