F1:シャルル・ルクレール “ベイビーフェイスの暗殺者”
シャルル・ルクレールは、F1に到達して2019年にフェラーリに昇格して以降、“ベイビーフェイスの暗殺者”と呼ばれているが、そのようなイメージは喜んで受け入れると語る。

「僕にはそのようなキラーインスティンクト(情け容赦のなさ)がある。ずっとそうだった」とシャルル・ルクレールは Motorsport-Magazin.com に語る。

「マシンに乗っているときはいつでもはベストを尽くている。マシンに乗るたびに、2位、3位、4位、5位になりたくはないと思っている。気にならないし、とにかく勝ちたいと思っている」

シャルル・ルクレールのファンにとって、その決意と集中力は彼の魅力の大きな部分を占めている。だが、同時に、彼の批評家には、彼は計算していて冷酷であるとも映っている。

シャルル・ルクレール自身も、自分の勝負気質は強みにも弱みにもなり得ることを認めている。昨シーズン、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとの関係は、キャンペーンが進むにつれて次第に緊張し、2人はブラジルでトップ10に入るはずだったときに同士討ちを演じた。

「僕が犯したいくつかのミスはそのメンタリティの一因だった」とシャルル・ルクレールは認める。

「ポイントを取れただけの瞬間にすべてを与えた。誰もそのために僕のようなことはしないだろう。でも、それが僕だ。でも、まだ学ぶことができる。このメンタリティにはポジティブな側面もあるけど、他の瞬間には害を及ぼす可能性もある」

「そのような瞬間に正確にこのメンタリティを理解し、制御する必要がある。経験が伴えばそれができると確信している」

昨年、シャルル・ルクレールはフェラーリとの初シーズンでセバスチャン・ベッテルよりも前でドライバーズ選手権を終え、6回のポールポジションに加えてスパとモンツァで勝利を収めた。

「シーズンの内容にはとても満足している」とシャルル・ルクレールは認める。

「多くのことを開発できたけど、学ぶべきことはまだたくさんある。自分が示したことには満足している。今シーズンも同じように、開発を続けられることを期待している」

「2019年に力強く成長したと思う。良い日には、とても良いことができることを示した。でも、毎週末すべてをまとめることが重要だ。それは別の課題であり、そこに集中する必要がある。それがでれば、成長できる」

「シーズン序盤はチームの規模とその歴史にかなり及び腰になっていた。そこは変わってはいないけど、チームのためにいくつかのレースをして、人々に慣れていった」

「シーズン序盤に完全に新しいマシンでスタートした。マシンがどのように機能するか、それが自分にどのように機能するかを理解する必要があった。マシンの中でのどうすればベストな動きするかを理解する必要があった。また、チームと一緒に仕事をすることも重要だった」

「4~6レース後には合ってきたし、自分がマシンに何を求めているのか理解した。自分が望むものに少し自信が持てた。自分のドライビングスタイルをマシンに合わせるのではなく、マシンの変更を要求できるようになった」

「その瞬間から、僕たちはいくつかの良いステップを果たした。その時点から、すべてが順調に進んだ」

シャルル・ルクレールは自分が犯したミスから学び、その知識をドライビングに取り入れ、そこから前に進むことが重要だと語る。

「ミスをした場合、以前はどうだったか、何がミスの原因になったかを覚えていて、それを分析する。そこから再びやるべきでないことを理解し、それが二度と起こらないようにする」

「これが自分が犯すすべてのミスに対処する方法だ。それは機能しているように思うし、成果が出てきている。同じミスを2回犯す日もあるだろうけど、それが僕の対処の仕方だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ