F1 シャルル・ルクレール 「フェラーリSF1000には改善を見込める汎用性がある」
フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、2020年の序盤戦でフェラーリが勝利を争えないかもしれないと認めているが、シャルル・ルクレールは明るいままだ。

Auto Motor und Sportは、フェラーリの新車SF1000のペースはメルセデスから0.6秒遅れており、マッティア・ビノットは序盤戦の結果次第では早期に2021年に焦点を切り替えることを示唆している。

しかし、シャルル・ルクレールは楽観的だ。

「メルセデスとレッドブルは非常に強いけど、僕たちのマシンには汎用性があるように思う」とシャルル・ルクレールは Corriere della Sera に語った。

「そのようなマシンである場合、開発し、ドライバーに適合させ、各サーキットを改善する可能性は非常に大きくなる」

シャルル・ルクレールはまた、F1プレシーズンテストの状態をあまり深読みしていないと語る。

「テストについては特に期待していなかった」とシャルル・ルクレールは語る。

「昨年は非常にうまくいったけど、レースではうまくいかなかった。別のアプローチが必要だった。それが僕たちがやったことだ」

「このマシンはコーナリングが改善されているし、ストレートではあまり強くないけどが、すぐに真実を知ることができる。仕事の内容には満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ