シャルル・ルクレール 「2021年までにF1チャンピオンを獲りたい」
フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、2020年のF1世界選手権の目標はドライバーズチャンピオンシップに勝つことであり、それが実現しなくても、2021年にはタイトルを獲得できることを“確信したい”と語る。

シャルル・ルクレールは、2019年にキミ・ライコネンに代わってフェラーリにステップアップ。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルのチームメイトとなった。

フェラーリのナンバー2としてシーズンをスタートしたシャルル・ルクレールだったが、すぐに期待を上回るパフォーマンスを発揮。セバスチャン・ベッテルよりも多くの勝利、ポールポジション、ポイントを獲得した。

シャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンとともにルイス・ハミルトンの覇権時代を終わらせるドライバーとして議論されている。ルクレールは2020年にF1ワールドチャンピオン獲得を目指しているが、それが実現せずとも新しいレギュレーションが導入される2021年には確実にタイトルを狙うポジションにいたいと語る。

「2020年にタイトルを獲得できることを望んでいますが、タイトルを確実に獲れるなら2021年まで喜んで待つよ」とシャルル・ルクレールは Autosport International 2020 で語った。

「非常に困難になるだろうし、2021年から予算上限が導入されるので、チームが多くの投資を行う2020年は非常に重要な年になると思う」

「重大な年になると思うので、2021年に向けてできるだけ準備を整えるつもりだ。そして、チームとしてチャンピオンシップに勝つために適切なマシンを作るために適切な仕事ができることを願っている」

2019年にフェラーリによる多くの戦略的エラーがなければ、シャルル・ルクレールはタイトルに近づけることができたかもないが、ルクレール自身も、ポールポジションの可能性を棒に振ったF1アゼルバイジャンGPでのQ2のクラッシュなど責任を取る必要がある重要なミスもいくつかかった。

シャルル・ルクレールは、自分はフェラーリというグリッドで“最高のチーム”で走っており、自分の“野心的”な目標を達成したいと考えている。

「目標は常に可能な限り最高の結果を目指すことだ。だから、そこに着くことができなかった場合は少し下回っていたというだけだ」とシャルル・ルクレールは語る。

「基本的にワールドチャンピオンになると言うのは非常に楽観的ではあるけど、常に非常に高い目標を掲げている。

「口で言っていても仕方がないし、勝つためにあらゆるものを提供しようと思う。僕は自分にとって最高のチームで走っているし、彼らにふさわしいものを提供したい。コースで仕事をするのは自分次第だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ