F1 シャルル・ルクレール セバスチャン・ベッテル
シャルル・ルクレールは、2019年にフェラーリでチームメイトとして一緒にセバスチャン・ベッテルと過ごしたこと学んだ最大の教訓を明らかにした。

シャルル・ルクレールは、ザウバーとのルーキーシーズンを印象的なシーズンを過ごした後、F1で2シーズン目に向けてフェラーリのレースシートにステップアップ。2019年の開幕12戦を通してセバスチャン・ベッテルに匹敵するペースを示した。

だが、ドライバーズ選手戦ではセバスチャン・ベッテルが24ポイント上回っており、表彰台の獲得数でも6-5で勝っている。

シーズン前半にチームメイトのセバスチャン・ベッテルから学んだことを質問されたシャルル・ルクレールは、ベッテルの最大の強みのひとつとして精度を挙げた。

「彼はクルマでやっているすべてについて非常に正確だと思う」とシャルル・ルクレールはコメント。

「それはセッション後の会議で初めて彼の話を聞いたときにすぐに気づいたことだ。僕はまだその点で改善すべき点があると思っている」

シャルル・ルクレールは、2019年序盤はチームにある程度慣れなかればならなかったことを認めつつも、フェラーリドライバーとしての生活には素早く適応できたと語る。

「シーズン前半の内容には満足している。ドライバーとして多く成長を遂げることができた」とシャルル・ルクレールは語る。

「もちろん、いくつかのミスから学んだこともあった。シーズン序盤の問題のひとつは予選のペースだったと思う。予選で苦労していたし、そこにかなりの努力をした。数レース前からかなり良くなっていると思う」

「レースペースは最初から非常に強かったと思う。まだ改善できることはいくつかある。それはキャリアの終わりまで続いていくと思っている。常に改善はできるものだ」

「でも、セットアップに関してはまだ改善できると思う。それには経験が必要だ。でも、自分としてもクルマをさらに理解して、エンジニアをより良い方向に導くよう努める必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル