F1 シャルル・ルクレール
フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1バーレーンGPでのチームからセバスチャン・ベッテルとのバトルを待つように指示されていたが、“細心の注意”を払ってオーバーテイクを成功させたと語る。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールだったが、スタートで出遅れ、セバスチャン・ベッテルだけでなく、メルセデスのバルテリ・ボッタスにもポジションを奪われて3番手に後退した。

すぐにバルテリ・ボッタスから順位を取り戻したシャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルを捕え、無線で“僕の方が速い”と自信を持って伝えた。

しかし、フェラーリは2周にわたってポジションを維持するように指示。だが、6周目にDRS圏内に入ったシャルル・ルクレールはクリーンにセバスチャン・ベッテルをオーバーテイクした。

「チームメイトと戦うときには常にトリッキーな状況だ。リスクとても高いし、すべてのチームと同様にレース前に警告される。『他の人には試みていいが、チームメイトには慎重になれ』とね。これは普通のことだ」とシャルル・ルクレールはコメント。

「僕には機会があったし、躊躇はしなかった。とにかくやってみた。1回目の試みで成功して満足だった。スタートが酷かっただけにね」

それはチームオーダー無視だったかもしれないが、シャルル・ルクレールは自分の作戦にだけしか興味がなかったと語る。

「彼らに知らせようとしただけだった」とシャルル・ルクレールはコメント。

「僕は『OK、2周はこのままだ』という答えを持っていたけど、次のストレートで機会があったので抜きにいった。追い抜きは成功したし、それから僕の方が速かったし、自分のレースができた」

最終的にシャルル・ルクレールはエンジントラブルによって初優勝を逃すことになったが、すぐに最大限のポイントを獲得するために気持ちを切り替えtと語る。

「あのようにリードを失うことはいつだって悔しいし、落胆してしまうものだ。でも、僕にはまだやれることはがたくさんあったし、まだ獲得できるポイントは残っていたので、すぐに自分のレースに戻って集中した」

「問題によって勝利には手が届かなかったけど、それでも獲得できる非常に重要なポイントがあった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ