F1 シャルル・ルクレール ザウバー
シャルル・ルクレールは、自分にはまだF1で学ばなければならないことはたくさんあり、ルーキーシーズンでの活躍をアイルトン・セナやミハエル・シューマッハになぞらえて語られる意見は聞き流していると語る。

フェラーリの育成ドライバーであるモナコ出身のルーキー、シャルル・ルクレールは、今年、戦闘力の劣るザウバーのマシンでバクーとスペインで連続入賞を果たして脚光を浴びている。

シャルル・ルクレールのパフォーマンスは、7度のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハや、3度のF1ワールドチャンピオンのアイルトン・セナになぞらえられている。

「もちろん、そのような人たちに結びつけられることは大変光栄なことだ」とシャルル・ルクレールは Blick にコメント。

「でも、僕はF1でまだ学ばなければならないことがたくさなるので、その種のことは無視しようとしている」

F1スペインGPで10位入賞を果たしたシャルル・ルクレールのパフォーマンスには、4度のF1ワールドチャンピオンのアロン・プロストも称賛。レース後にルクレールの元に祝福に訪れている。

「そのことは大きな自信を与えてくれてる。彼はフランスの南部に家があって、僕たちは長い間お互いに知っていた」とシャルル・ルクレールは語った。

昨年のF2シリーズで圧倒的な強さでチャンピオンを獲得したシャルル・ルクレールは、まだF1で5戦目のルーキーだが、バクーとスペインではフェルナンド・アロンソと素晴らしいバトルを展開した。

シャルル・ルクレールは、アロンソとの戦いは素晴らしい学習経験だったと述べ、アロンソもグリッド下位のチームでキャリアをスタートさせていることが自信を後押ししてくれていると述べた。

「2度のワールドチャンピオンである彼のようなアグレシッブなドライバーと戦うときは、他の大勢のドライバーと戦いの2倍のことを学べる」とシャルル・ルクレールはコメント。

「それにフェルナドはかつてミナルディでキャリアをスタートさせている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | ザウバー