カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、2011年のリザーブドライバーとしてチーム・ロータスに加入。開幕戦F1オーストラリアGPの金曜日のフリー走行1回目に出走する。

昨年ヒスパニア・レーシングでF1デビューを果たしたカルン・チャンドックは、かねてからチーム・ロータスと交渉していたが、ここ数日でやっと契約が締結された。

今後、カルン・チャンドックはチーム・ロータスの公式リザーブドライバーとしてレースに出席し、いくつかのフリー走行に出走。初仕事は開幕戦F1オーストラリアGPとなる。

「役割についてチームとかなりの間話し合ってきた。そして今、2011年にチーム・ロータスで走ることを発表できたことを嬉しく思っている」とカルン・チャンドックはコメント。

「どのセッションでマシンに乗るかの正確な詳細はこれから検討していく。プレシーズンテストで彼らと一緒に過ごしてみて、チーム・ロータスの全員がこのチームをグリッドの上位に戻すためにどれくらい熱心であるかを確認することができた」

「チーム・ロータスにとって非常にエキサイティングな時期だし、このチームの将来を形作ることに役立てることを本当に名誉に思っている。チームの発展に役に立てるチャンスを与えるのに僕を信頼してくれたトニー、ディン、ナサ、マイクに感謝したい。その信頼に恩返しするために出来るときはいつでも全力を尽くすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルン・チャンドック | ケータハム