クリスチャン・アルバース
クリスチャン・アルバースは、ケータハムのチーム代表の役割を退任した。

元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースは、コリン・コレスがアドバイザーを務める投資家グループがケータハムを買収した後、チームの舵をとってきた。

しかし、ケータハムはF1イタリアGP後には発表したプレスリリースで、クリスチャン・アルバースが“個人的な理由”により退任したことを発表した。

後任には、ゼネラルマネージャーを務めていたマンフレディ・ラヴェットが就く。

「過去数カ月観、私はチームの引き継ぎを出来る限りスムーズに行い、投資家、スポンサー、そしてケータハムF1チームに関わる全ての人々に最高の結果を成し遂げるために自分の全エネルギーを捧げてきた」

「同時にクルマに技術的なアップデートを施し、チームを再建するために疲れを知らずに働いてきた」

「これを行うことで、チームの将来のためにより良い土台と作り、クルマのスピードを大きく改善させた」

「個人的な理由、そして家族ともっと多くの時間を過ごせるように、私はケータハムF1チームのCEOとしてのポジションを退任する」

「チームの今後の成功を祈っている」

マンフレディ・ラヴェットは、彼の2ヵ月間の貢献に感謝の意を表した。

「クリスチャンは、加入した瞬間からチームにとっての強みだった」とマンフレディ・ラヴェットは述べた。

「チャレンジングな数カ月間だったが、我々は共に前進した。彼のハードワークとチームへのコミットメントに感謝したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム