ケータハム エキゾースト
ウィリアムズに続き、ケータハムも2013年マシンから疑わしいコアンダエキゾーストのソリューションを取り外した。

木曜日に始まった最終プレシーズンテストで、ウィリアムズはFW35の仕様を微調整したが、ケータハムもより従来的なデザインにエキゾースト部分を変更した。

ケータハムは、シャルル・ピックが木曜日に走行を行ったが、マルシャからコンマ5秒遅れでセッションを終えている。

Speed Week の技術専門家ゲイリー・アンダーソンは、ロータスE21のトラクションは“傑出している”とし、「その点でケータハムはロータスの正反対だ」と述べた。

関連:ウィリアムズ、疑惑のエキゾーストを断念

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム