ケータハム CT-01
ケータハムは、2012年F1マシン「CT-01」を1月26日(木)にチームのFacebookとTwitter、そして同日発売の雑誌“F1 Racing”で公開することを発表した。

ケータハム CT-01は、チーム・ロータスから名称を変更した新生ケータハムF1チームにとって初マシンとなる。カラーリングは、これまでのグリーン&イエローが継承され、すでにマシンの一部の画像が公開されている。

1月26日は、これまで発表された新車発表スケジュールではトップバッターとなる。

ルノーエンジンを搭載するケータハム CT-01はチーム以来初めてKERSを搭載。レッドブルがマニエッティ・マレリと共同開発したシステムが供給される。

すでにケータハムCT-01は、FIAのクラッシュテストを合格しており、2月7日からスタートするヘレステストに投入される予定となっている。

関連:
ケータハム、CT01を発表 - 2012年1月25日
ケータハム CT01 - 主要諸元表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム | F1マシン