元F1王者デイモン・ヒル 「サインツの方がフェラーリF1でリーダー的」
元F1王者デイモン・ヒルは、カルロス・サインツJr.のスクーデリア・フェラーリとの力強いコミュニケーションと決意は、今シーズン、チームメイトのシャルル・ルクレールよりもチームリーダー的な働きをしていると考えている。

カルロス・サインツJr.は、スクーデリア・フェラーリでの2年目となる2022シーズン前半でシャルル・ルクレールを下回ったが、徐々にパフォーマスを上げ、同等の成績を収めている。ただし、予選ではまだルクーレルが優位に立っている。

カルロス・サインツJr.は、今月初めにシルバーストンでのF1初優勝を勝ち取り、オーストリアでは、エンジン故障に見舞われるまで、チームメイトに次いで2位表彰台を獲得することが濃厚だった。

F1フランスGPでは、グリッドの最後列から素晴らしいリカバリードライバーを見せて5位でフィニッシュしたが、17周目に単独スラッシュしたシャルル・ルクレールの強力なパフォーマンスを考えれば、最前列でスタートできていれば、別の勝利をもたらした可能性がある。

「カルロスはチームリーダーとして私を驚かせた」とデイモン・ヒルはSky F1の番組Any Driven Mondayでコメントした。

「彼は戦略に精通おり、決定を下すことができるようだ。シャルルは明らかに速く、おそらくチーム内ではカルロスよりも速いだろう」

スクーデリア・フェラーリは、戦略の失敗がしばしば指摘されており、ピットウォールは、レース中のアクションをその場で考案しているという印象を与えることがある。

だが、セルジオ・ペレスとの戦いの真っ最中にストラテジストからの提案を却下したF1フランスGPの後、カルロス・サインツJr.は、スクーデリア・フェラーリがレースのマネジメントが弱いという提案に反論した。

「フェラーリでは、ピットストップウィンドウでチームがどのようなことを実行しているのかについて非常に批判されている。難しい瞬間があるたびに僕たちは議論の対象になっているし、僕たちはそれらについてオープンに話している」とカルロス・サインツJr.は擁護した。

「しかし、僕たちは人々からそう見えているのは災害だ。僕たちはそういった物事を話し合うのが好きなだけだ」

しかし、デイモン・ヒルは、スクーデリア・フェラーリがネジを締め、より多くの注意を払って戦略を管理する必要があると感じている。

「彼らのピットコミュニケーションは、階段の少し途中にあると思う」と1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは語った。

「彼らはここにもそこにもいない。誰かが責任を持って『我々が決定を下している」』と言う必要がある。それはドライバーかストラテジストのどちらかだ」

「フェラーリのポテンシャルは非常に大きい。もし、彼らがこれらの問題を解決できれば、彼らは脅威になるだろう」

「彼らが今からシーズンの終わりまでにそれを行うことができれば、チャンピオンシップは非常に拮抗したフィニッシュになる可能性がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ