カルロス・サインツJr. 今季F1タイトル争いに白旗「アプローチを変える」
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツJr.は、2022年のF1ワールドチャンピオンを獲得は諦めたことを認めている。

レッドブルとフェラーリの上位2チームのうち、今年これまでのところ、またはF1キャリアでグランプリを獲得していないのはカルロス・サインツJr.だけだ。

カルロス・サインツJr.は、それは決して意志が足りないわけではないMarcaに語った。

「同じモチベーションで初勝利を目指してすべてのレースに臨んでいる」とカルロス・サインツJr.は言いました。

「モナコだけでなく、髪の毛くらいの運で、ほとんどすべてのレースで実現していた可能性がある。だから、車に100%乗れていない場合でも、落ち着くには忍耐力が必要だ」

実際、27歳のカルロス・サインツJr.は、新しいレーシングカーに適応するのにこれほど苦労したことは一度もないと語る。これは、ドライバーズタイトルを獲得することへの彼の焦点が今シフトしたことを意味する。

「その意味で、ワールドチャンピオンにはかなり距離ができてしまったのは事実なので、アプローチは少し変わった。その観点から、チャンピオンシップについては考えたくない」とカルロス・サインツJr.は語った。

「ポールと勝利を勝ち取るのに十分に車に慣れていなかったし、早く勝ちたい、ポールを獲りたいと考えすぎて、あまりに多くのミスを犯してしまったのかもしれない」

「僕の強みは常に忍耐力と自分の瞬間を待つ方法を知っていることだった。だから、今年はもう少し辛抱強く、車にもう少し快適になるまで待つ時だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ