カルロス・サインツJr. 「F1初勝利には0.1~0.2秒を見つける必要がある」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるカルロス・サインツJr.は、2022年にF1初勝利を挙げるためにはさらに0.1~0.2秒を見つける必要があると考えている。

カルロス・サインツJr.は。これまで147回のグランプリレースをスタートしたが、2020年8月以来、先週のモナコグランプリでの2位を含め4回の2位表彰台を獲得しているにも関わらず、まだ優勝トロフィーを獲得していない。

昨年のチャンピオンシップでチームメイトのシャルル・ルクレールに先んじてフィニッシュしたカルロス・サインツJr.だが、今シーズンの最初の7レースでは遅れを取っており、ルクレールは2勝を挙げている。

カルロス・サインツJr.は、今年のフェラーリF1-75は彼のスムーズなスタイルにはあまり適していないこと、そして、シャルル・ルクレールの“エッジの効いた”ドライビングがそれをさらに活用することに成功したことを認めている。

しかし、今年のスタートは浮き沈みはあったものの、カルロス・サインツJr.はその最後の一歩を踏み出す方法を知っていると確信している。

「もう少し速くなる必要がある」とカルロス・サインツJr.はFormula1.comに語った。

「予選とレースペースの観点から、0.1~0.2秒が必要だ」

「昨年の後半に昨年の車で見つけた0.1~0.2秒を見つけることができれば、それを早く見つければ、早く勝てるだろう。僕はそれらを見つけるために一生懸命取り組んでいる」

「カメラやいろいろなところで、去年と比べてまだ車とそこにいないことが分かる。自然に運転できてない」

「僕の好みとしては車は少し先のとがっっているけど、そこは仕方ないことだ。そういうものだ。

「自分自身を適応させるか、もう少し自分好みの車にしていくかだ。それらの2つのことには時間がかかり、知識と経験が必要だ」

「トライ&エラーが必要だ。これが僕が現在進進めていることであり、できるだけ早く修正しようとしている」

シャルル・ルkレールがドライバーズチャンピオンシップ争いの真っ只中におり、ポールポジションとレースの勝利を定期的に競っているという事実は、F1-75がトップに立つ可能性があることを示している。

カルロス・サインツJr.が、そのようなパフォーマンスの車を持ったのは彼のキャリアの中で初めてであり、その機会を楽しんでいる。

「楽しんでいる。まったく新しい経験だ」とカルロス・サインツJr.は語った。

「僕にとって、最初の7レースで競争力のある車を使うのは初めてだ。これは僕が慣れているものとは別のシナリオです。以前に前にいる2~3人の男と競争していた」

「少し違った運転をする必要がある。シーズンの残りに適用できることをたくさん学んだ」

「それらの適応を行い、車で自分のフィーリングを見つけることができれば、すぐに良い結果が得られるはずだ」

「たくさんのレースが残っているし、長い時間がかかるので、すべてをプレーする必要がある」

カルロス・サインツJr. F1 スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ