フェラーリF1のカルロス・サインツ 「寝起きにパジャマのまま契約書にサインした」
カルロス・サインツは、フェラーリF1との契約は決して魅力的なものではなかったと語る。

現在、フェラーリF1はグリッドで最強のチームというわけではないが、赤いマシンは多くの人にとって最も魅力的なシートのひとつだ。

カルロス・サインツは、セバスチャン・ベッテルの後任として、調子を上げていたマクラーレンを離れてフェラーリF1と契約することを選んだ。

契約書にサインする瞬間を間違いなくカルロス・サインツのキャリアにとって最大の瞬間だったが、実際のシチュエーションは必ずしもそうではなかったと語る。

交渉は、新型コロナウイルスのパンデミック中に行われ、カルロス・サインツと家族はロックダウン期間中にあり、契約にサインしたときはベットから抜け出したばかりだった。

「長い交渉期間だったし、実際には少し面白いストーリーだった」とカルロス・サインツは語った。

「それは新型コロナウイルスのロックダウンの最中だったし、話し合いはすべてズームと電話で行われた。すべてが少しトリッキーだった」

「僕たちは状況に適応する必要があったし、マドリードの家にある小さなオフィスでこのインタビューをしているのとまったく同じテーブルでサインした」

「ロックダウン期間のすべてを家族と一緒に過ごしていたけど、ある日突然、午前8時頃に目覚めて、まだパジャマを着ていた」

「この部屋に入ると、父がペンを持って準備ができているのが分かった。彼は『ここにサインする必要がある。それはフェラーリの契約書だ。サインすれば完了だ』と言った」

「だから、目覚めた直後の午前8時にパジャマでサインした。『OK、あと、おはよう』みたいな感じだった」

今シーズン、フェラーリF1で素晴らしいパフォーマンスを発揮してチームメイトのシャルル・ルクレールを0.5ポイントリードしているカルロス・サインツは、すぐにティフォシの心を掴んだ。

カルロス・サインツは、ティフォシから注目されることを楽しんでおり、彼らが予想以上に敬意を払っていると感じていると語る。

「イタリアのファンは非常に情熱的で、僕が予想していなかった方法で非常に敬意を払っているのは事実だ」とカルロス・サインツは語った。

「触れたり、握手するさえ、彼らにとってとても特別なことだ。彼らは本当にリスペクトしているし、彼らはある意味で偶像化している。非常に影響力がある」

「彼らは近くにいるときは非常に緊張している。彼らの近くにいるときに人々がどれほど緊張しているかは、僕がドライバーとしてこれまでに経験したことのない感覚だ」

「背中を軽くたたいて『僕は君と同じ27歳だよ。リラックスして写真を撮ってね』と言ってあげている。でも、しばしば彼らから電話を取り上げて、自分で写真を撮っている」

「クレイジーだし、僕は大好きだ。彼らの言うこともとても面白いし、人生は少し変わったけど、同時に僕はバランスを保つことができているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ