カルロス・サインツ 「バリチェロのようなF1キャリアは望まない」
フェラーリF1のカルロス・サインツは、ルーベンス・バリチェロのタイプのドライバーとしてF1の歴史に記憶されることは望まないと語る。

非常に才能があり、経験豊富で、熟練したドライバーだったルーベンス・バリチェロは、おそらくフェラーリF1のトップスターであるミハエル・シューマッハの明確なナンバー2ドライバーとして最もよく覚えられている。

「バリチェロになることに満足するか? いいや、明らかに満足できない」と今年フェラーリF1でシャルル・ルクレールのチームメイトになったカルロス・サインツは語った。

「いつかワールドチャンピオンになりたい。それが僕が毎日自分自身を追い込んでいることだ。僕がそれを達成するかどうかは時が経てばわかるだろう」

今のところ、カルロス・サインツはまだフェラーリF1でスピードを上げている段階であることを認めており、彼はガイダンスのためにガレージのルクレール側に目を向け続けている。

「もちろん、シャルルはフェラーリに3年間滞在していたので、このマイsンの運転方法を僕よりもよく知っている」とカルロス・サインツは語った。

「彼のドライビングスタイルを少し真似しようとしているのは事実だ。彼がマシンについて知っていることをすべて吸収したいだけだ」

フェラーリの2021年F1マシンは、おそらくF1トルコGPまでに大幅なエンジンのアップグレードが投入されると予想されている。

「それについてはよく分からない」とカルロス・サインツは主張する。

「今後数週間でそれに関するニュースがあると思う」

カルロス・サインツは、フェラーリが2022年のパッケージで「ゼロから始める」機会を完全に理解していると語る。

「僕たちはその変化に対して他の誰よりも準備ができていることを願っている」とカルロス・サインツは語る。

「僕たちは1月から2022年マシンに取り組んでいる。これはシミュレーターでも90%の時間にあたる。他については分からないけど、来年勝つために再び戦うために何もやり残してはいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ