フェラーリF1のカルロス・サインツ 「チームメイトより劣ると感じたことは一度もない」
カルロス・サインツは、F1キャリアにおけるチームメイトとの相対的なスピードに自信を持っており、同じマシンで誰かに劣っていると感じたことは一度もないと語る。

カルロス・サインツは、マックス・フェルスタッペン、ランド・ノリス、そして、現在はシャルル・ルクレールと同じチームで対等な立場で競い合っており、F1で最も有名な名前のいくつかとチームを組むというユニークな立場にある。

しかし、カルロス・サインツは、同じマシンに乗っている間、それらのドライバーと互角であることを示しており、マクラーレンでは両方のシーズンでランド・ノリスを上回っった。その後、今シーズンの初めにセバスチャン・ベッテルに代わってフェラーリに移籍しました。

フェラーリが将来のスタートに据えるシャルル・ルクレールと対峙することで、カルロス・サインツはセカンドドライバーとして扱われると考えられていたが、前半戦ではルクレールよりも3ポイント多く、2回の表彰台を獲得した。

最近、シャルル・ルクレールは、二人のペースが近いことでフェラーリをチームとして前進させることに役立っていると語っている。

カルロス・サインツは、なぜ人々が以前に自分をチームメイトの“影に隠れている”と位置付けていた理由が理解できないと語る。

「フェラーリとの契約にサインする場合、キャリアで正しいことをやってきたに違いない」とカルロス・サインツは Auto Motor und Sport に語った。

「トロロッソからルノー、マクラーレンまで、チームを離れたときでも、常にすべてのチームに感謝されてきた」

「人々が僕がそこで影に隠れていたと思っているのであれば、僕にはその理由が分からない。マックス、ニコ(ヒュルケンベルグ)、ランド、シャルルなど、これまで誰と対戦しても、自分が彼らよりも遅いと感じたり、彼らができることをできなかったりことは一度もない」

「僕は彼らすべてを打ち負かし、常に限界まで彼らをプッシュしてきた。僕はそれを称賛として見ている。マックス、ランド、シャルルは、僕自身の見積もりでも、フィールドでトップの人物たちだ」

カルロス・サインツは、ガレージの反対側にいるドライバーから避けるのではなく、むしろベンチマークをモチベーションとして使用してきたとし、最近のシーズンでのパフォーマンスでそれは成果を上げており、最終的にはこれらのチャレンジンによって自分のスキルが向上したと感じていると語る。

「彼らと競争するというチャレンジが好きだし、彼らは僕をより良いドライバーにしてくれた」とカルロス・サインツは語る。

「フェラーリに加わったときも、僕が誰とでも戦うことができるという自信を与えてくれた。

「チームに適切に統合し、マシンを適切にセットアップすれば、誰かを恐れる必要はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ