カルロス・サインツ 「フェラーリのF1マシンに合わせて走り方を変えた」
カルロス・サインツが、2021年のフェラーリのF1マシンに適応するためにドライビングスタイルを“かなり変える”必要があったが、そのチャレンジを楽しんでいると語る。

過去2年間をマクラーレンで戦ったカルロス・サインツは、2021年シーズンに4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルの後任としてフェラーリに加入した。

フェラーリ加入以来、カルロス・サインツはすでに影響力を発揮しており、前戦F1モナコGPで完璧な走りで2位でフィニッシュし、チーム移籍後初表彰台を獲得した。

しかし、チームに溶け込んでスピードを上げていくなかで、カルロス・サインツは、フェラーリのF1マシンはマクラーレン時代に慣れていたものとは“非常に異なる”ことに気づいたとし、アプローチとドライビングスタイルを調整することを余儀なくされたと語る。

「ドライビングスタイル、コーナーの曲がり方、ブレーキ、さまざまな場所のコーナーでのキャリースピードは、昨年と大きく異なっている」とカルロス・サインツは説明した。


「ドライバーとして適応するために、オープンなマインドで自分自身をプッシュする必要がある。実際、僕はそれがとても楽しいと思っている」

カルロス・サインツは、フェラーリとマクラーレンのF1マシンの正確な違いが何であるかについては説明しなかった。2つのチームは、今年のコンストラクター選手権で3位を争っている。

「そこは僕自身と僕のチームのために留めておきたい」とカルロス・サインツは語った。

「もちろん、マクラーレンはメルセデスのパワーユニットによって少し変わったかもしれないしね。特に今年、彼らはストレートでとりわけ良く見えるし、そのエリアで非常に強い」

「でも、ドライビングとバランスに関しては、それが低速、中速、高速のいずれであっても関係はない。それらは完全に異なるマシンであり、僕としてはかなり多くの変更と適応を行う必要がある」

「違いはわかっているけど、今はあえて言わないでおきたい」

カルロス・サインツは、2017年のシーズン途中にトロ・ロッソからルノーに移籍した経験があり、限られた走行でさまざまな、アシンに適応するという課題に直面していた。その後、マクラーレンに移籍する前に、ルノーで1年のフルシーズンを過ごしてkる。

カルロス・サインツは、マクラーレンでランド・ノリスと組んでいた。ランド・ノリスは、元チームメイトであるカルロス・サインツが完璧に走れていないときでも調整を行ってマシンに適応する才能があると感じており、新しいパートナーのダニエル・リカルドとの違いに注目した.

「これまで見てきた感じては、ダニエルは自分に本当に合ったマシンを少し欲しがっている」とランド・ノリスは語った。

「カルロスは、運転するのが必ずしも良いとは限らないマシンの運転が得意だった。彼はとても上手でだった」

「これは、現時点で僕が学んだことのひとつにすぎないけどね。ダニエルは、マシンが決まっていて、すべてが整っているときはとても速い」

「でも、いくつかの問題などが発生すると、ほとんどのドライバーがそうであるように、少し自信を失って、少し苦労してしまうものだ」

「それは彼だけの問題ではないと思うし、一部のドライバーは他のドライバーよりも自信を多く持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ