カルロス・サインツ 「フェラーリF1からのオファーを信じないようにした」
2021年からフェラーリのF1ドライバーとなったカルロス・サインツだが、オファーされた当初は、は多くのドライバーと交渉していると仮定して“あまり信じらないようにして”交渉に臨んだと語る。

フェラーリは昨年5月、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの後任として、カルロス・サインツと2021年から2年契約を結んだことを発表した。

カルロス・サインツは、過去2シーズンにわたってF1のミッドフィールドで傑出したパフォーマーの一人であり、2回の表彰台を獲得し、マクラーレンの昨年のチャンピオンシップ3位に貢献した。

カルロス・サインツは、先週金曜日にマラネロにあるフェラーリF1のファクトリーを訪れ、最初のシミュレーター走行を完了した。

フェラーリから最初にオファーがあった際のことを振り勝ったカルロス・サインツは、チームは多くのドライバーと話をするものだと仮定して、あまり信じないようにしたと語った。

「想像できるとは思うけど、初めて連絡をとるときあh、あまり信じないようにして交渉に入った」とカルロス・サインツは語る。

「彼らはすべてのドライバーと話しているに違いないと思うものだ。だから、それについては非常にリラックスしようとしていた。常に現在に焦点を合わせようとしていた」

「でも、ロックダウンの間は何もすることがなかった。考えることがあまりなかったので、もう少し興味を持ち、もう少し熱心になっていった」

「その期間中に突然すべてが非常に迅速に起こり始めた」

カルロス・サインツは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリからの離脱が確認されてからわずか48時間後に後任として指名された。これらはすべて、延期された2020年シーズンが始まる前に行われた。

フェラーリの発表に続いて新しいシーズンが始まったとき、カルロス・サインツは質問と精査の波に張りつめていたが、マクラーレンがプレッシャーの高まりを避けるために状況を処理してくれたことを賞賛した。

「フェラーリと契約すればどうなるかは分かっている。すべてのメディアの注目を集める」とカルロス・サインツは語った。

「ロックダウンの真っ最中だった。オーストリアに入ると、たくさんの質問が投げかけられることは分かっていた」

「特にスペインでは、多くのメディアの注目を集めることになる時期だ。1~2年前は、スペインの多くの人々がカルロス・サインツがフェラーリの一員になるなんて期待していなかったと思う。当時、注目はかなり大きくなっていた」

「でも、それはすぐに消えた。僕たちはマクラーレンと協力して、とにかく現在に焦点を当てて、多くのストーリーが展開されていないことを確認した」

「僕たちはストーリーが生成されることを望まず、非常に重要な年に焦点を当てたかった。それは本当にうまくいったと思う」

「マクラーレンとの関係は常に非常にオープンでリラックスしていた。だから、僕の肩に大きなプレッシャーや重さを感じることは決してなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ