カルロス・サインツ 「フェラーリF1移籍を後悔しているかの質問はウザい」
カルロス・サインツは、2021年のフェラーリF1への移籍を後悔しているかとの質問ばかりに迷惑していると語る。

現在、マクラーレンのF1ドライバーであるカルロス・サインツは、新型コロナウイルスによるロックダウン中の5月にフェラーリF1への移籍にサインしたが、シーズンが開幕するとフェラーリF1の不振が明らかになった。

対照的にマクラーレンはコンストラクターズ選手権でランキング3位争いを繰り広げており、来季からはメルセデスのF1エンジンを搭載することでさらに前進することが予想されている。

それにより、カルロス・サインツにはフェラーリF1への移籍について質問が様々なメディアから何度も寄せられている。

「少し苛立たしいと思っている唯一のことは、すでに答えがわかっている質問をされることだ」とカルロス・サインツは motorsport-magazin.com にコメント。

「1か月前と答えは同じなので、なぜまた質問してくるのか分からない」

最も厄介な質問はフェラーリF1と契約したことを“後悔”しているかとの質問だとカルロス・サインツは認める。

「そうだね、それが最も人気のある質問の1つだ。答えは分かっていると思う」とカルロス・サインツはコメント。

実際、カルロス・サインツはフェラーリF1への移籍を楽しみにしていると語る。実際、サインツは英国からイタリアのマラネロの拠点近くに引っ越すとしている。

「そうだね、それが年末の議題だ」とカルロス・サインツは確認した。

「イタリアで多くの時間を費やせるように引っ越すつもりだ。チームの近くにいることは、マクラーレンでの楽しい時間の重要な部分だったと思う。それは間違いない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / マクラーレン