「カルロス・サインツはフェラーリF1にフィットする」とマーク・ウェバー
元レッドブルのF1ドライバーであるマーク・ウェバーは、カルロス・サインツはフェラーリF1に完璧にフィットすると信じている。

フェラーリF1は、セバスチャン・ベッテルと2020年限りでパートナーシップを終了することを決断。2021年からはカルロス・サインツをシャルル・ルクレールのチームメイトとして迎える。

マーク・ウェバーは、カルロス・サインツとシャルル・ルクレールという新体制はフェラーリにとって素晴らしい組み合わせだと語る。

「シャルルとカルロスは二人ともまだ非常に若く熱心なドライバーだが、すでに必要な経験を積んでいる。シャルルは彼の年齢にしては非常に成熟していると思うが、実際にはカルロスもそうだ。二人ともある種の優雅さとスタイルを持っている。適切な場所に集められた適切なキャラクターだ。エンツォ・フェラーリは、このドライバーの組み合わせを本当に高く評価していただろう」とマーク・ウェバーは語る。

過去にフェラーリF1はチーム内で明確なナンバー1とナンバー2を決めていた。ミハエル・シューマッハにはエディ・アーバインとルーベンス・バリチェロという助手がおり、セバスチャン・ベッテルはキミ・ライコネンを恐れることはなかった。

だが、マーク・ウェバーは、カルロス・サインツがフェラーリF1でナンバー2の役割を担うことはないだろうと語る。

「シューマッハがリーダーでバリチェロがセカンドだった今世紀序盤のような状況はない。サインツは非常に速く、ルクレールにはプレッシャーがかかるだろう」とマーク・ウェバーは語る。

「ナンバー1ドライバーとナンバー2ドライバの明示的な指名は、チームが絶対的なトップである場合にのみ意味がある。3位、4位、5位、または6位を争っている場合、それは無駄だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ / マーク・ウェバー