カルロス・サインツ 「マクラーレン移籍は正しい決断だった」
カルロス・サインツは、2019年にF1で最高のシーズンを過ごせたことで、マクラーレンに移籍するという決断が正しかったことを証明できたと語る。

2015年にトロロッソでF1キャリアをスタートしたカルロス・サインツは、昨シーズンはルノーF1チームにローン移籍していたが、チームがダニエル・リカルドと契約してことで、ルノーでの長期的なキャリアを確保することはできなかった。

その結果、カルロス・サインツは今後のF1キャリアを悩むことになり、最終的にマクラーレンと契約することを決断。しかし、マクラーレンはホンダとのエンジンパートナーシップに失敗し、2018年にルノーに切り替えてもパフォーマンスを発揮できずにいた。

カルロス・サインツにとってマクラーレン移籍は完全には有望ではなかったかもしれないが、ルーキーのチームメイトであるランド・ノリスとともにもたらされた新しいエネルギーは、2019年にマクラーレンを復調へと導く。

マクラーレンはコンストラクターズ選手権で4位、カルロス・サインツ自身もドライバーズ選手権で6位を獲得し、両方の選手権で3強チームに次ぐ“ベスト・オブ・ザ・レスト”でシーズンを終えることになった。

また、F1ブラジルGPでは、2014年以来となる表彰台を表彰台をもたらし、カルロス・サインツ自身としてもF1初表彰台を獲得している。

「マクラーレンは2018年末には状況はあまり有望ではなかったけど、移籍したときは良いフィーリングだった」とカルロス・サインツはコメント。

「多くのエンジニア、多くの人々と話をした。プロジェクト自体は僕に良い雰囲気を与えてくれた、それが良い結果と関係があるかどうかはわからないけど、それらの雰囲気はすぐに結果に表れた」

「マクラーレンによるアプローチの変更、チームの構造にとても大きな変化があった」

「僕たちは(ドライバーズ選手権で)4位を確保した。数年ぶりの表彰台だ。突然、正しい方向に動いたようだ! 何よりも、(ドライバーズ選手権で)6位を望んでいた」

「去年のシーズンを終えて、マクラーレンに行って、チームで何が達成できるかわからなかったことを覚えている。そして、今、僕のキャリアで最高のシーズンを過ごし、マクラーレンにとってしばらくぶりの最強のシーズンだった」

「とても満足している。非常に高いレベルでパフォーマンスを発揮し、ハングリーで前に進もうとする意欲のある素晴らしい人々のグループを見ることができてとても満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / マクラーレン