F1 ミック・シューマッハ
カルロス・サインツは、バーレーンでのミック・シューマッハに対する過熱報道に同情していると語る。

7度のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、F1バーレーンGP後に開催されるインシーズンテストでフェラーリとアルファロメオ・レーシングのF1マシンを走らせることが決定。

今週末、F1のサポートレースとして開幕するF2に初参戦するためにバーレーンを訪れているミック・シューマッハには大勢の報道陣が群がった。

ミック・シューマッハのマネージャーを務めるザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハについてF2についてだけ質問してほしいと失望感を露わにした。

同じ2世ドライバーであるカルロス・サインツは「彼には本当に同情する。これがどんなものか知っているからね」とコメント。

「ミックは今シーズン苦労するだろう。チャンピオンの息子であることが痛みを伴う経験になる可能性がある。人々はいつも『ここにいるのは誰それの息子だ』と言うからね」

「自分自身で名前を築いていきたいと思うものだし、ミックもそう思ってるはずだ」

カルロス・サインツは、ミック・シューマッハが“自らの才能と結果”にとってF1チームでテストする“チャンスを掴んだ”と語る。

元F1最高権威者のバーニー・エクレストンも今週末のバーレーンでミック・シューマッハの肩に“大きな負担”がかかっていると同情する。

「人々は常に彼を比較していくだろう」とバーニー・エクレストンは Auto Bild にコメント。


「彼はF2のレースで勝つことを半分、負けることを半分ずつ考えておかなければならない。アドバイスするとすれば、そのすべてに関与することはできないので、彼はとにかく自分のことをやるべきだ」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「彼が別の名前でレースができたなら良かっただろうが、もうそれは不可能だ」とコメント。

「我々全員がわかっているのは、彼はこのあらゆる過熱報道のなかで生き残るためには図太い神経が必要だということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | ミック・シューマッハ