カルロス・サインツJr. ルノーF1
カルロス・サインツは、ルノー移籍が合意に達したとの報道に口を閉ざしている。

カルロス・サインツは、マクラーレンのルノーへのパワーユニット変更を軸とした契約の中心的存在とされており、2018年にルノーに移籍する契約にサインしたとされている。

契約は基本的に2018年からのものだが、早ければ数週間後のF1マレーシアGPでカルロス・サインツがルノーのマシンに乗る可能性さえ報じられている。

それが事実の場合、カルロス・サインツはルノーでジョリオン・パーマーに代わってニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトを務めることになり、トロ・ロッソではレッドブルのジュニアドライバーであるピエール・ガスリーがF1に昇格するとされている。

しかし、カルロス・サインツは、この1週間で何が起こっていたかについては決して語ろうとはしない。

「レッドブルは僕のキャリアのために最善を尽くしてくれている。彼らがどのような決定をしたとしても、僕はそれを受け入れるつもりだ」とカルロス・サインツは Marca にコメント。

「僕にとっては難しいことだ。僕が何か言えば、ある人は喜び、別の人は不快になるかもしれないからね。だから、僕は何も言いたくない」

「僕がわかっているのは、トロ・ロッソには多くの人々がいて、僕を今のようなドライバーにしてくれたことに感謝しているということだけだ」

また、EFE通信 には「関わっているチームの利益のためには、彼らは遅くなるよりも早くに決定しなければならないと思う。2018年の準備はすでに行われているからね」とカルロス・サインツは述べた。

Auto Bild によると、ルノーは、カルロス・サインツの契約解除金として800万ユーロ(約10億円)をレッドブルに支払うことで合意し、カルロス・サインツは先週すでにルノーでシート合わせを行ったと報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / ルノー / トロロッソ