F1 カナダGP 決勝l
2017年 第7戦 F1カナダGPの決勝スターティンググリッドが発表された。

F1カナダGPのスターティンググリッドは基本変更はなし。パスカル・ウェーレイン(ザウバー)がギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティが科せられたが、ウェーレインは予選最下位だったため変更はない。

ザウバーは、F1のパルクフェルメ規約を破り、予選後にリアウィングを交換したため、パスカル・ウェーレインはピットレーンからのスタートとなる。

ポールポジションはルイス・ハミルトン(メルセデス)、隣にはチャンピオン争いのライバルであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が並ぶ。

2列目にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)とキミ・ライコネン(フェラーリ)が並び、メルセデスが奇数列、フェラーリが偶数列からホールショットを狙う。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが12番グリッド、ストフェル・バンドーンが16番グリッドからスタート。

F1カンダGPの決勝は、このあと27時(現地時間14時)からスタートする。

2017年 第7戦 F1カナダGP 決勝スターティンググリッド

GRIDドライバーチーム
1ルイス・ハミルトンメルセデス
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ
3バルテリ・ボッタスメルセデス
4キミ・ライコネンフェラーリ
5マックス・フェルスタッペンレッドブル
6ダニエル・リカルドレッドブル
7フェリペ・マッサウィリアムズ
8セルジオ・ペレスフォース・インディア
9エステバン・オコンフォース・インディア
10ニコ・ヒュルケンベルグルノー
11ダニール・クビアトトロ・ロッソ
12フェルナンド・アロンソマクラーレン
13カルロス・サインツトロ・ロッソ
14ロマン・グロージャンハース
15ジョリオン・パーマールノー
16ストフェル・バンドーンマクラーレン
17ランス・ストロールウィリアムズ
18ケビン・マグヌッセンハース
19マーカス・エリクソンザウバー
Pitパスカル・ウェーレインザウバー

F1カナダGP 各ドライバーの持ちタイヤ数

F1カナダGP 各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2017 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1カナダGP