F1 セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミは、2019年にトロロッソ・ホンダでF1復帰するという噂を現時点では否定している。

2011年までトロロッソでF1を戦ったセバスチャン・ブエミは、その後、トヨタからWECに参戦してチャンピオンを獲得。今年ル・マン24時間レースを制覇。また、フォーミュラEでも2015-2016シーズンにチャンピオンを獲得している。

トロロッソ・ホンダは、2019年にピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングに昇格することが決定しており、ブレンドン・ハートレーは今年期待されたパフォーマンスを発揮できていない。

今月、トロロッソはセバスチャン・ブエミがファエンツァのファクトリーでシート合わせをしている画像を公開し、2019年のドライバーについての憶測に火に油を注いだ。

シンガポールを訪れているセバスチャン・ブエミは、自分はレッドブル・レーシングとトロロッソのリザーブドライバーであり、来シーズンにトロロッソでF1復帰する契約は結んでいないと語った。

「僕はレッドブルとトロロッソのリザーブドライバーだ。それが今週末シンガポールにいる理由だ」とセバスチャン・ブエミは Sky Sports F1 にコメント。

「通常、僕はシミュレーターにいるけど、今週末はここにきた」

「僕は彼らが求めたことをやっているだけだし、シート合わせも彼らが望んだことだ。もちろん、他のドライバーのひとりに何かが起こった場合には僕にはシートが必要になる。今のところ、僕に言えるのはそれだけだ」

「WECとフォーミュラのプログラムはすでに整理されている。その世界ではあらゆることが可能ではあるけど、もちろん、僕はここではリザーブの役割にだけ集中しているし、どうなるか見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ブエミ