ブリヂストン ファイアストン インディカー
ブリヂストンは、ファイアストンのブランドで行ってたインディカーへのタイヤ供給を2011年シーズン末で終了することを発表した。

ファイアストンの撤退は数ヶ月前から囁かれてきたが、インディカーは2012年に新しい規約を導入することもあり、少なくともあと1年はタイヤを供給してくれるよう説得を続けていた。

しかし、ファイアストンとインディカーは、2012年のための新しいタイヤサプライヤーが必要になると発表した。

インディカー・シリーズのランディ・バーンハート代表は「ファイアストンのようなスポーツによって偉大なパートナーを失うのは残念なことだ」とコメント。

「だが、我々は2012年にデビューする新マシンに備え、他のタイヤメーカーが我々のスポーツに関与する機会についてについて積極的に交渉している」

「世界で最も速く、最も多彩なシリーズとして、インディカーはトラック上でパフォーマンスとブランドの両方を認めてもらう機会を求めている企業のために理想的なプラットフォームを提供したい。実際、ファイアストンは5年間の我々とのパートナーシップで売り上げを2倍にした」

ファイアストンのモータースポーツ活動を統括するアル・スパイアーは「たとえ今季限りのインディカー・シリーズからの撤退を発表したとしても、ファイアストン・レーシングは2011年を通して、高水準のパフォーマンスを維持することをファン、チーム、そしてドライバーに保証したい」と述べた。

「我々はインディ500の100周年を祝う計画も考えており、そのマイルストーンの一部として我々のパートナーシップを祝い、数十年の長い関係を称えることを楽しみにしている」

ファイアストンは、1995年にアメリカン・シングルシーターシリーズに復帰し、すぐにライバルのグッドイヤーを圧倒。1999年にグッドイヤーが撤退したあとは、チャンプカーとインディカーの分裂後は両シリーズにタイヤを単独供給していた。

ファイアストンは、インディカーのタイトルスポンサーとインディ・ライツへのタイヤ供給も2011年で終了する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブリヂストン | インディカー