FIA 「メルセデスF1が新証拠として提示した映像は重要ではなかった」 再審請求“棄却”の理由を説明
FIA(国際自動車連盟)は、2021年 第19戦 F1ブラジルGPの48周目のターン4でルイス・ハミルトンをコース外い追いやったマックス・フェルスタッペンへの防御に対するメルセデスF1の再審請求を棄却した。

F1ブラジルGPの48周目、ターン4でルイス・ハミルトンは、ターン4のアウトサイドからマックス・フェルスタッペンを抜きにかかった。しかし、フェルスタッペンはインサイドを大きく回り、二人はコースオフ。フェルスタッペンがリードしたままコースに戻った。

スチュワードは、このインシデントを記録したものの、その時点では調査不要と判断。その後、ルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンを抜いて優勝している。

だが、レース後の火曜日、スチュワードが決断した時点では入手されていなかったマックス・フェルスタッペンの前向きの車載カメラの映像が公開され、メルセデスF1はそれを新たな証拠として再審を請求。11月18日(木)にカタールでメルセデスとレッドブルの代表者から聴聞が行われていた。

FIAは金曜日まで裁定を延期していたが、F1カタールGPのフリー走行1回目の終了後、メルセデスF1の再審請求を棄却したことを発表。マックス・フェルスタッペンにペナルティは下されず、F1ブラジルGPのリザルトが確定した。

今回の評決についてスチュワードは「テクノロジーと帯域幅の両方に制限があるため、当時は利用できないアングルのビデオ映像は常にある」とコメント。

「スチュワードの決定が正しいか間違っていると見なされるかどうか、そして、サッカーでの審判の決定と同様に、事実から2週間後までそのようなレースの裁量的決定の一部またはすべてを検討できることは望ましくない」

「したがって、スチュワードは、ISC(国際スポーツコード)の再審の権利の目的が、競技者がスチュワードによる正式な調査に従わず、公開されたドキュメントのリザルトをもたらさないような裁量的決定のレビューを求めることを可能にするものであることを真剣に疑っている」

スチュワードは、車載カメラの映像が技術的に新しく関連性のある証拠であることに同意したが、今回のケースで「重要」であることには同意しなかった。

「スチュワードは多くの場合、限られた情報に基づいて迅速に決定を下さなければならない。決定の時点で、スチュワードは決定を下すのに十分な情報を持っていると感じ、その後、その後、関係する両方のドライバーのレース直後のコメントとほぼ一致していた」

「33号車(フェルスタッペン)の前向きカメラ映像が決定を下すために重要であると感じていれば、単に事件を調査中(レース後に調査するため)とし、この映像が利用可能になった後に決定を下しただろう。彼らはそうする必要がないと見た」

メルセデスは、2020年のF1オーストリアGPでルイス・ハミルトンが新しいビデオ映像でイエローフラッグで減速しなかったことを示したことでグリッド降格ペナルティを科されていることで、新しいビデオ証拠に基づく決定の変更の前例があると主張していたが、スチュワードはその比較を拒否した。

「スチュワードは、その映像が当時利用可能だった他の角度と特に異なる、または最初に利用可能な映像に基づいた彼らの決定を特に変更する例外的なものは何も示さないと判断する」

「2020年のオーストリアの場合とは異なり、スチュワードの判断では、事実を根本的に変える映像ではない。また、これは当時のスチュワードによって考慮されていなかったものを示していない。したがって、スチュワードはここでの映像は“重要”ではないとの決断を下した」

この決定は、メルセデスのトト・ヴォルフとレッドブルのクリスチャン・ホーナーが金曜記者会見に出席中に発表された。

トト・ヴォルフは、この決定に驚かなかったと述べた。

「完全に予想していた」とトト・ヴォルフは語った。

「おそらく次の数レースでテーマになると思ったので、それについての議論を引き起こしたかった。我々の目的は達成されたと思う。それ以上進めようとはは思っていない」

クリスチャン・ホーナーは「あのレースで起こった他の多くのインシデントに関してパンドラの箱は開かれたので、それは明らかに正しい決断だと思う。今、最も重要なことはこのグランプリに集中することだと思う」とコメント。

「ここカタールにいるのは素晴らしいことだ。良いサーキットになると思う。ここだけでなく、ジェッダとアブダビでも、クリーンでフェアな戦いを望んでいる」




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ブラジルGP / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン