F1、ブラジルGPのフェルスタッペン/ハミルトンの再審判決を金曜日に延期
F1のレーススチュワードは、メルセデスF1がマックス・フェルスタッペンのF1ブラジルGPのドライビングについての再審を請求した件について判決を金曜日に延期することを発表した。

F1ブラジルGPの48周目、ターン4でルイス・ハミルトンは、ターン4のアウトサイドからマックス・フェルスタッペンを抜きにかかった。しかし、フェルスタッペンはインサイドを大きく回り、二人はコースオフ。フェルスタッペンがリードしたままコースに戻った。

このマックス・フェルスタッペンの防御はインシデントとしてスチュワードに記録されたが、“審議不要”として流された。

しかし、レース中には利用できなかったマックス・フェルスタッペンの前向きのオンボード映像が公開された後、メルセデスF1はこれを新たな証拠として提出し、再審を請求。この映像ではフェルスタッペンがコーナーで通常よりもステアリングを切っていないことが示された。

F1カタールGPに先立ち、木曜日の夕方にビデオ会議によるヒアリングが実施された。FIAスチュワードはこの問題について数時間議論したが、判決は翌日にまで延期することを決定した。

FIAは「メルセデスとレッドブルの代表者との今日のヒアリングに続いて、スチュワードは現在この問題を検討しており、明日決定を発表する予定だ」と声明で述べた。

再審の権利の規則は明確であり、競合他社は「関連する決定の時点でレビューを求める当事者には利用できなかった重要で関連性のある新しい要素」を持ち込むことを要求している。

F1レースディレクターのマイケル・マシは、レースの直後に、マックス・フェルスタッペンのドライビングを調査しないという決定が、前向きの車載カメラを見ずに行われたことを明らかにしている。

F1の現在の技術は、各車からのライブフィードを1つだけに制限しており、インシデントの時点で、マックス・フェルスタッペンの後向きのオンボードを放送していた。正面カメラの映像はレース後にのみダウンロード可能で、火曜日にF1によってようやく公開された。

それが“動かぬ証拠”となる可能性があるかどうか尋ねられたマイケル・マシは「その可能性はある。だが、我々はそれにアクセスできなかった。もちろん、それはダウンロードされる。商業的権利所有者がそれを提供したら、我々はそれを見ていく」と語っている。

マックス・フェルスタッペンの防御が違反と判断された場合、F1ブラジルGPのリザルトに5秒加算ペナルティ、もしくはF1カタールGPでの3グリッド降格が科されると予想されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ブラジルGP / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン