バルテリ・ボッタス、2026年のアウディのF1シートに“立候補”
バルテリ・ボッタスは、2026年のアウディのワークスチームのF1シートに“立候補”した。

フォルクスワーゲン・グループのドイツの自動車メーカーであるアウディは、新たに確認された2026年のF1エンジンレギュレーションの下でF1に参戦することを最終的に発表したが、パートナ チームの名前はまだ明らかにされていない。

ギュンター・シュタイナーは、それはハースF1チームではないだろうと語る。

「あなたはアウディが誰と一緒に来るか知っているよね」とギュンター・シュタイナーは Auto Bild に笑い、現在アルファロメオF1チームとして知られているザウバーが運営するF1チームがそれだという返答を促した。

「その通りだ」とギュンター・シュタイナーは同意した。

「いずれにせよ、それは我々ではない」

アルファ ロメオF1t-ムの現在のトップドライバーは元メルセデス スターのバルテリ・ボッタスであり、彼はヒンヴィルを拠点とするチームが F1のウィナーに変身する準備ができていると考えている。

「このチームが勝利のために戦えない理由は見当たらない」とバルテリ・ボッタスは Speed Week に語った。

「僕たちのインフラストラクチャとスペシャリストのノウハウは最高レベルだ。トップチームとの違いは、単純に、彼らがより多くの人々と仕事ができることだけだ」

「ミッドフィールドのレーシングチームには、このようなポテンシャルはない。でも、僕たちが持っているファクトリーとザウバーの優れた風洞を考えれば、そこには絶対的な勝利がある」

今年、バルテリ・ボッタスは、複数年契約でザウバーに加入したが、2026年までに期限が切れることは確実だ。

2026年8月下旬に37 歳になるバルテリ・ボッタスはは「気分は最高です」と語った。

「2026年もまだグリッドにいることは十分に想像できる。僕にはまだ与えることがたくさんある」とバルテリ・ボッタスは付け加えた。

しかし、一部の人々は、アウディがF1の既存メーカーとの競争力を維持するために、本当に困難な戦いに直面することになると懸念している。

「ニューカマーにとって最大の不利な点は、彼らが追いつく必要があることだと思う」と2026年からポルシェのワークスパートナーになると予想されているレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼らは、これらのレギュレーションのほぼ10年間の根拠、つまり彼らが持っていないノウハウと知識をカバーしようとしなければならない」

元F1ドライバーのクリスチャン・ダナーは「既存のコスト制限の下で3年以内にエンジンを構築することは非常に野心的だ」とDonaukurierに語った。

「2026年シーズンに間に合うように競争力のあるエンジンを稼働させることは、非常に困難になると確信している」

「F1ではハードルが非常に高いので、私にはどうすれば間に合うかについては解決策はない。だが、もちろん、私は優れた成功したアウディを見たいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ザウバー / アウディ / アルファロメオF1