バルテリ・ボッタス 「ミスで本当に大きな犠牲を払ってしまった」 / アルファロメオF1 マイアミGP 金曜フリー走行
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1)は、2022年F1第5戦マイアミGPのフリー走行1回目にクラッシュを喫して13周で一日を終えた。

全てのドライバーにとって新しいマイアミ・インターナショナル・オートドロームでの初日はトラックを学ぶことが重要だが、バルテリ・ボッタスはFP1でターン7でスピンを喫してバリアにクラッシュ。貴重な走行時間を失った。

アルファロメオF1チームのメカニックの懸命な努力もむなしく、バルテリ・ボッタスはFP2をガレージから見守ることを余儀なくされ、予選と決勝にむけたシミュレーションを逃すという大きな代償を払うことになった。

「僕サイドから見ると、本当に大きな犠牲を払ったミスだ。苛立たしい」と金曜日の終わりにバルテリ・ボッタスは語った。

「僕たちにできる最善のことは、明日のプラクティスを最大限に活用することです。でも、残念なことに、リアの衝撃でエキゾーストとエンジンのターボが損傷したため、FP2に準備をすべて整えることができなかった。運が悪かった


13周だけだが、新しいトラックをどのように楽しんだかと質問されたバルテリ・ボッタスは「いいトラックだし、チャレンジングだ」とコメント。

「後半にツイスティなセクションがあって、そこが正しくまとめるのが最も難しいパートかもしれない。今日はトラックエボリューションが大きかったし、明日キャッチアップしなければならない」

チームメイトの周冠宇は、少なくとも金曜日にアルファロメオF1のパッケージの実力を証明し、アルピーヌF1のエステバン・オコンを0.001秒上回って8番手タイムを記録した。

「P1は本当に滑りやすかたたつぃ、ドリフトする方法を学んだよ!」と周冠宇は冗談交じりに語った。

「周りのみんなにとってはとても大変だった」

「P2は大きな改善だった。また、チームとしての僕たちにとって、セットアップの正しい方法と解決策を見つけられたし、今週末はかなり速そうだ。これは良い兆候だし、これまでのところ、このトラックを運転することをとても楽しんでいる」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1