バルテリ・ボッタス 「Drive to SurviveのメルセデスF1離脱の回は見ていない」
バルテリ・ボッタスが、NetflixのF1ドキュメンタリー『Drive to Survive』の最新エピソードを見ることはないだろう。

Drive to Surviveのエピソード8では、『Dancing With Wolff』と題してメルセデスF1とバルテリ・ボッタスとの未来についてが取り上げられている。

最終的にメルセデスF1は、ウィリアムズからジュニアドライバーのジョージ・ラッセルを昇進させることを決定。これにより、バルテリ・ボッタスはアルファロメオF1に移籍することになった。

Drive to Surviveの評価はF1パドックで二極化しており、マックス・フェルスタッペンのような人たちは、シリーズに描かれている状況は本物ではないと感じているため、独占インタビューを行うことを拒否している。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフも同様のコメントをしており、Netflixのエグゼクティブプロデューサーは否定しているが、実際に起こったことにを大げさに脚色していると感じている。

だが、自分の将来についての回についてDrive to Surviveで描かれている方法について意見を求められたバルテリ・ボッタスは、見ていないのでコメントすることはできないと答えた。理由として、ボッタスはテレビで自分自身を見るのは好きではないと語る。

「そのどれも見ていないので、本当に分からない」とバルテリ・ボッタスは語った。

「明らかに、彼らはさまざまなレースや状況から断片を抜きとってつなぎ合わせているし、何を参照しているか分からない。だから、僕はあまり多くを語ることができない。普段はテレビで自分を見るのは好きじゃないしね…」

新しいチームとなるアルファロメオF1でのバルテリ・ボッタスのキャリアは、バルセロナとバーレーンのテスト全体でのC42の周回数を制限する信頼性の問題によってベストなスタートとは言えないものとなった。

バルセロナテストは最も深刻な影響を受け、バルテリ・ボッタは3日間で54周しか走りなかったが、バーレーンテストでは走行距離という点では大幅な改善が見られた。だが、バルテリ・ボッタがギアボックスが4速でスタックして駆動を失って走行を切り上げている。

開幕戦のバーレーングランプリが間近に迫っていなか、バルテリ・ボッタスはアルファロメオF1が信頼性の問題を乗り越えることが重要だと語る。

「もちろん、もっと周回数を増やしたかったけど、準備はできている。これは僕の初めてのロデオではない」とバーレーンテストを終えた最終日にバルテリ・ボッタスは記者団に語った。

「大丈夫だと思っているけど、ミスや問題から学ぶことが必要だ。まだバランスを微調整するためのプラクティスセッションがいくつかある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / アルファロメオF1