バルテリ・ボッタス、メルセデスF1時代は「喉元にナイフを突きつけられている感覚」
バルテリ・ボッタスは、単年契約のメルセデスF1でパフォーマンスを発揮しなければならないというプレッシャーは「喉元にナイフを突きつけられている」ような感覚だったと語る。

バルテリ・ボッタスの観点からすれば、同じマシンに乗っているルイス・ハミルトンを倒さなければならないという挑戦、コンストラクターズチャンピオンシップの戦いなど、いくつかの理由が考えられる。ただ、ボッタスはメルセデスがそのタイトルを獲得する上で不可欠な役割を果たしてきた。

だが、バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1での5年間のすべてで単年契約しか与えられず、各シーズン終盤に契約延長が発表されるまで、将来は決して安泰ではなかった。

シーズン前半のF1での大きな話題のひとつは、2022年に誰がルイス・ハミルトンのパートナーを務めるかだった。メディアは、ジョージ・ラッセルが選択されることを前提条件としているかのようにバルテリ・ボッタスのパフォーマンスを注視した。

以前、バルテリ・ボッタスは、新しい契約を取り巻くプレッシャーが「内側から心を喰い始めていた」と認めている。

これらの要因からバルテリ・ボッタスが、このプロセスに「非常に疲れていた」とTalkingAbout Meのポッドキャストに語ったのは、それほど驚くことではない。

「喉元にナイフを突きつけられていると感じるとき、頭はあまりうまく機能しない」とバルテリ・ボッタスは付け加えた。

ルイス・ハミルトンは、バルテリ・ボッタスをF1でのこれまでで最高のチームメイトであると説明している。2人は、ニコ・ロズベルグが引退してメルセデスF1を離れて以来、良好な関係を築いてきた。

「ルイスとニコがお互いに非常に激しく議論したことを覚えている。そして、それは少し政治的でさえあった」とバルテリ・ボッタスは語った。

バルテリ・ボッタスは、2016年にルイス・ハミルトンを倒した後、ニコ・ロズベルグがF1を引退することを決断したのは最初は奇妙に感じたが、今ではそれが理解できると語る。

「メルセデスに来たとき、なぜニコが辞めたのか疑問に思った。でも、今は彼と自分を重ね合わせることができる。経験から、それは簡単ではないと言える」と付け加えた。

くつろぐという話題では、バルテリ・ボッタスがサウナを好んでいることが良く知られている。スランプから脱出するために、サウナはボッタスが状況を変えるために重要な場所だった。

「サウナは僕にとって神聖な場所だ」とバルテリ・ボッタスは語った。

「奇妙なことが起こる。そうだね、アルコールを使うこともある。プレッシャーを取り除くためではなく、頭をすっきりさせて、次のレースの週末に向けてリラックスするためにね」

「うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあった」

しかし、バルテリ・ボッタスは今年からアルファロメオF1との新しい章を開始する。彼のF1キャリアで初めて複数年契約にサインし、新しいチームとの重要な雇用保障を獲得した。

近い将来、アルファロメオF1が最前線で戦う可能性は低く、バルテリ・ボッタスはメルセデスF1時代のプレッシャーの一部が今では肩から落ちたと感じている。

「アルファロメオと契約して以来、僕は笑ったり、はるかに笑顔でいることができていると言えるね」とバルテリ・ボッタスは締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / アルファロメオF1