バルテリ・ボッタス 「ペレスを抜いていても優勝は難しかった」 / F1イタリアGP 決勝
メルセデスのバルテリ・ボッタスは、マクラーレンの印象的な直線速度のアドバンテージにより、セルジオ・ペレスをコース上で追い抜くことができたとしても、F1イタリアGPで優勝できたかどうかは疑っている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスドライバーとして最高のパフォーマンスのひとつを披露。グリッドの最後尾から3位でフィニッシュした。

バルテリ・ボッタスは、ある時点でレースに勝つことさえ可能なように見えたが、レッドブルのセルジオ・ペレスを抜くことに苦労しました。

ダニエル・リカルドはマクラーレンに9年ぶりの勝利をもたらしたが、バルテリ・ボッタスはストレートでのアドバンテージがあるため、自分がリカルドまたはランド・ノリスのどちらかを追い抜くことができたとは思っていない。

「ミディアムの序盤にかなり速く順位を上げることができた」とバルテリ・ボッタスは語った。

「実際、2台のマクラーレンにかなり接近しているのが見えたし、捕えていた。でも、トレインの中でペレスの後ろになって、できる限りのことをやってはいたけど、最後の数周でタイヤが落ち始めた。マクラーレンを抜くのは難しかったと思う。彼らは週末を通して強くなっていたし、特にストレートで強みを持っていた」

「ルイスができる限りのことを試みて、ランドを抜くことができなかった昨日と同じように、正直、これが今日到達できる最大値だったと思う」

バルテリ・ボッタスはレースを通じてポジションを16位上げたが、モンツァの長いストレートにもかかわらず、オーバーテイクは驚くほど難しいと感じたと語る。

「おそらく僕のキャリアの中で最も多くのポジションを獲得したと思う」とバルテリ・ボッタスは付け加えた。

「分からないけどね。僕は統計が得意ではない。正直、ここモンツァではオーバーテイクが簡単だと思う人もいるかもしれないけど、実際はそうではない。数台のマシンが並んでいるときはそれほど簡単ではないし、今日の進歩に満足している。もちろん、今日は良いマシンと良い戦略があった」

「僕のケースでは、ハードタイヤでスタートして、長く走ってチャンスをつかむことは間違いなく正しい選択だった。そして、ミディアムを履くと、攻撃してプッシュするときがきた。でも、囚虜間際にミディアムは少し落ち始めた。でも、それまでに物事は安定し始めていた。全体として、今日と今週末にできることはすべてやれたので、満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1イタリアGP